This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

ユーバイオティクス  –  腸内環境の  バランスを保つという考え方

成長を促進することと健康を維持することは、動物を育てるための2本の柱ともいえる基本条件です。この2つの条件を満たすために不可欠な要素の1つが、畜産動物の消化器官内に生息する細菌叢(ユーバイオシスと呼ばれています)のバランスを最適に保つことです。ユーバイオシスのバランスが適切であればあるほど、栄養の吸収率が高くなります。

DSMがもつ一連のユーバイオティクス技術を用いることで、このバランス改善し、消化器管の能力が高まって、飼料効率が高く、栄養状態のよい動物を育てることができます。

Landscape with CRINA logos in front

CRINA®  -  消化器本来の機能を発揮

DSMの消化器官用のソリューションは、精油成分を特別にブレンドして作られています。  続きを読む

 


Calf, chick and piglet

CYLACTINE®  - 善玉菌を増殖させる

飼料に善玉菌が多く含まれていると、家畜の消化器管の健康状態が良好に保たれ、発育がよくなります。DSMの製品には消化器管内の善玉菌の数を増やす効果があります。   続きを読む

 


Salmon swimming in water

ROVIMAX® - 免疫系を強化

DSMは水産養殖業者向けに、養殖用飼料に十分な遊離ヌクレオチドを供給するための栄養剤を開発しました。遊離ヌクレオチドは免疫系を強化し、健康状態と発育の改善効果が認められる栄養素です。  続きを読む