This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

FloraGlo

ルテイン/ゼアキサンチン

マリーゴールド色素 、 機能性表示対応原料
floraglo-top

ルテイン・ゼアキサンチンは、光のダメージから目を守り、目の健康と機能を保つために必要な成分です。

ルテインと光の関係

目は光を集めて、網膜で光を受けます。このため網膜の黄斑には非常に強い光のエネルギーがかかります。黄斑の“黄色”はルテイン、ゼアキサンチンの色で、強い光による影響を軽減してます。

floraglo-1

色の識別に必要なゼアキサンチン

網膜の中心には錐体細胞という色をよく認識できる細胞が集まっています。一方で、周辺部では光の明暗をよく認識する桿体細胞が多く存在します。

Floraglo-2

コントラスト感度とは

コントラストとは色や形の差異のことで、コントラストが明確になることで、ものの区切り目などがはっきり見えるようになります。

人によってものを見たときの感じ方は違い、このコントラストの感じ方も異なります。この感じ方のことをコントラスト感度といい、コントラスト感度が良い方はものをよりくっきりと見ているといえます。ものの境目を識別しやすくなることで、スポーツなど動いているものを瞬時に見分けなければならない状況でも、適切に“見る”ことができるといわれています。

この効果はルテインのもつ、ブルーライトなどのエネルギーの高い光を吸収することによって、目の中での光の乱反射を抑えることによって発揮されると解釈されています。

使用できるアプリケーション

オイルタイプのルテインは、ソフトカプセルでの使用が一般的です。

水分散性の顆粒タイプは、ソフトドリンクなどに適しています。粉末ですので、小麦粉などと混ぜて、菓子にも使うことが出来ます。打錠することで、タブレットにすることも可能です。


製品お問い合わせは、こちらから。