This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

ビタミンC

炭水化物、タンパク質、脂質が食事の主要構成栄養素です。これらの栄養素がエネルギーと体を形成する基本構成要素での源であり、これら栄養素を活用するためのツールとしてビタミン類が必要なのです。
Two boys drinking together the juice from one glass tube through a straw

ビタミン類は必須栄養素であり、体内で作り出すことができません。各ビタミンは代謝において特有の機能を果たすため、食事またはサプリメントを介して毎日摂取する必要があるのです。

体が必要とするビタミン類の量は種類によって異なり、一日数μgから数百mgまでに渡ります。ストレス、激しい運動、病気のみならず妊娠や授乳により必要量に影響があり、たった一種類のビタミン欠乏でも体の正常機能に影響を与えることがあります。

Logo