This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

欠乏

ビタミンC欠乏症の初期症状はごく一般的なもので、他の疾患にも見られます。疲労、倦怠感、食欲不振、眠気、不眠、疲労感、神経過敏、感染症への低い抵抗力、点状出血(小さな毛細血管出血)などが含まれます。

重篤なビタミンC欠乏はコラーゲン構造を弱体化させ、壊血病を引き起こし、広範囲に渡る毛細管出血の原因となります。また、乳児壊血病は骨の変形の原因となります。臨床的欠乏で最初に見られる症状として、通常歯茎から出血したり歯が抜けたりします。皮下出血は四肢の極度の圧痛や動かしたときの痛みにつながります。もし治療しないまま放置すると、壊疽や死を引き起こすことになります。

今日そうしたことは先進国ではまれで、毎日ビタミンCを約10-15mg摂取することで予防可能です。しかしながら、生理的機能を最適な状態にするためにはもっと高い用量が必要とされます。在宅や入院中の高齢者にビタミンC欠乏症状がみられるのは珍しいことではなく、時には壊血病の兆候が現れることもあります。

ビタミンC欠乏が進行する原因:

  • 不適切な食品の貯蔵と調理
  • 胃腸障害
  • ストレスと運動
  • 感染
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 妊娠と授乳

Logo