This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

疾患予防と治療における使用

何十という前向き研究が示すように、ビタミンCは風邪のような一般的なものを含む様々な疾患予防に役立ちます。症状の発現期間と重症度にある程度の効果があることがいくつかのグループで示されており、特に相当な身体的かつ/または低温ストレスを受けたグループに効果が見られます。

創傷治癒

手術後や浅い傷が癒えるまでの間、ビタミンCの摂取が感染症の予防や皮膚の修復促進に貢献します。

心血管疾患—心臓疾患と脳卒中

ビタミンCは、特にビタミンEとの併用によりLDLコレステロール(“悪玉”コレステロール)の酸化を予防し、プラーク形成を軽減することにより冠動脈を保護すると考えられています。複数のデータでビタミンCによる血中HDLコレステロール(“善玉”コレステロール)上昇が示されており、心臓疾患の予防に効果が期待されます。

脳卒中のリスクは果物、野菜、サプリメントを通してビタミンCを適切量摂取することで軽減される可能性があります。しかしながら、ビタミンCに対するデータの一貫性や特異性の欠損により、結果の解釈が難しくなっています。

血圧

複数の研究で、ビタミンC1日約500mgの摂取が血管拡張を改善し、血圧を低下させる効果が示されています。

多くの研究結果において、ビタミンCの高摂取と上部消化管、頸部、卵巣、膀胱、結腸における癌の発症率軽減の関連性が示唆されています。1日5品目の果物と野菜で、200mg以上のビタミンCを摂ることができます。統計的には毎日最低80-110mgのビタミンCを摂取した人々で癌リスクの有意な低減が報告されています。

Logo