This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

ビタミンCの機能

ビタミンCの最も大きな役割は免疫刺激効果で、例えば風邪のような感染症の防御に重要なものです。アレルギー反応時に発現する物質ヒスタミンの抑制因子としても働きます。また、強力な抗酸化物質として有害な遊離基を中和でき、汚染物質や毒素の中和を補助します。したがって薫製肉のような亜硝酸塩を含む食品の摂取による、胃の中での発がん性物質ニトロソアミン形成を防ぐことができます。

重要なことはビタミンCがビタミンEのような他の抗酸化物質を再生させることです。細胞内での“セメント”物質として、筋肉、維管束組織、骨、腱、靭帯などの構造を作るコラーゲンの合成にも必要です。このような機能があるため、ビタミンCは特に亜鉛との併用で、傷の治癒にも重要な働きをします。

加えてビタミンCは歯や歯茎の健康、出血を防ぐのに必要です。食事由来の鉄分吸収も助けます。また胆汁酸の代謝にも必要で、血中コレステロールレベルや胆石予防に効果が期待されます。さらに、複数の重要なペプチドホルモン、神経伝達物質、カルニチンの合成に重要な役割を果たします。

酸化ストレスに対応する目の機能に重要な要素でもあり、進行性の加齢黄斑変性症(AMD)と失明の進行を遅延させます。

ビタミンCの主要な機能のまとめ:  

  • 免疫刺激
  • 抗アレルギー
  • 抗酸化
  • 結合組織の“セメント”
  • 創傷治癒
  • 歯と歯茎の健康
  • 鉄分吸収
  • 目の健康

Logo