This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

相互作用

負の相互作用

毒性物質がたばこに含まれるため、喫煙者は非喫煙者に比べて35mg/日のビタミンCを多く摂取する必要があります。抗鬱薬、利尿薬、経口避妊薬、アスピリンなどの薬理的活性物質にもビタミンCを枯渇させる働きがあるのです。特定の生活習慣、例えばアルコール摂取にもこうしたことが当てはまります。

正の相互作用

ビタミンEやβ-カロテンのような他の抗酸化物質の存在がビタミンCの抗酸化作用をサポートします。ビタミンB群(特にB6、B12、葉酸、パントテン酸)などの他のビタミン類、薬理的活性物質、バイオフラボノイドとして知られる天然物質などは、ビタミンCの効果を保つ可能性があります。 

Logo