This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

CRINA® – 消化器本来の機能を発揮

DSMの消化器官用のソリューションは、精油成分を特別にブレンドして作られています。
Landscape with Crina Logo in front

消化率は畜産動物の発育と収益性に決定的な影響を与えます。飼料の消化率を高めることによって、以下のような効果が期待できます。

  • 成長が速くなる
  • 生産性が高まる
  • 飼料コストが安くなる
  • 収益性が高まる

飼料コストの高騰により、消化機能強化の重要性はかつてなく高まってきています。

CRINA®に含まれる精油成分には、飼料の消化率を改善し、収益性を高める働きのあることが実験で明らかになっています。

精油成分には以下に記す2種類の働きがあることがわかっています。

第一に、消化管内の細菌叢のバランスを改善して動物の消化器系に生息する有用菌の割合を高め、病原体や有害菌の数を減らします。

第二に、刺激を加えることによって消化酵素の生成を促します。これにより消化器内の飼料の分解効率が改善します。

もちろん育てる動物の種が異なれば必要となる精油成分も異なります。

CRINA®には、動物ごとに以下のような製品があります。

CRINA®製品に含まれる着香成分はすべて飼料として公式に認められており、EUとFEMA (Flavor and Extracts Manufacturers Association) の飼料添加物登録簿 (Register of Feed Additives) および/またはGRAS (Generally Recognised As Safe) の一覧に掲載されています。