This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

CYLACTINE®  -  善玉菌を増殖させる

飼料に善玉菌が多く含まれていると、家畜の消化器管の健康状態が良好に保たれ、発育がよくなります。DSMの製品には消化器管内の善玉菌の数を増やす効果があります。
仔牛、ヒヨコ、仔豚

消化器管の健康状態を良好に保つと飼料の消化効率が高まり、成長が促進されます。これは豚、鶏、牛のすべてに等しく当てはまります。

消化の効率は、消化器管内の細菌叢のバランスをどの程度適切な状態に維持できるかどうかで決まります。そこで効果を発揮するのがDSMのCYLACTIN®です。CYLACTIN® は主成分が生きたエンテロコッカス・フェシウムで、プロバイオティクスの考え方に基づく生菌混合飼料です。以下の働きによって消化管内の細菌叢を安定化させ、腸内環境を整えます。

  • 大腸菌、サルモネラ、クロストリジウムなど、悪玉菌の繁殖を抑える
  • 乳酸を産生する細菌数を増やす
  • 腸内の毒素レベルを低減する
  • 腸壁を保護する働きをもつ短鎖脂肪酸を合成する

CYLACTIN® を使用すると、下痢やMMA症候群(乳腺炎・子宮内膜炎・無乳症)などの発症が抑えられます。そのため、家畜の発育と飼料効率を高め、健康状態を良好に保つ効果があります。

メリット

成長の促進、ブロイラーの生育効率の向上 – 平均体重増加量と飼料効率の改善:

仔牛の健康増進 – CYLACTIN® は離乳期前の仔牛の下痢を抑え、1日あたり体重増加率を拡大する効果があります。

豚の適応性の向上 - CYLACTIN® を使用すると子豚が下痢を起こしにくくなります。肥育期の豚の飼料に添加すると体重増加率と飼料効率が高まり、死亡率が低下することが確認されています。

製剤

CYLACTIN® には以下2種類の製品がありますので、飼料製造工程にあわせて使用することができます。

  • CYLACTIN® LBC ME20 Plus は安定性に優れた製品です。飼料の製造工程中はほとんど外部環境の影響を受けません。
  • CYLACTIN® LBC G35 は細かい顆粒状の製品です。代用牛等に混ぜて使用する場合に最適です。