This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

DSM、中国Aland社の買収を完了

JP, 02 4 2015 07:00 CEST

ライフサイエンスとマテリアルサイエンスのグローバル企業であるDSM社は、2015年3月31日をもって、世界的なビタミンC製造メーカーであるAland(HK)Holding Limited(香港。以下、Aland社)の買収が完了したことを発表いたしました。 昨年7月11日の 両社間の買収合意に続く発表となります。

Aland社は1990年に設立された 中国の代表的なビタミンC製造メーカーの一社です。江蘇省江山に生産拠点を持ち、現在、約1,800名の従業員を擁しています。2014年の売上は約1億1000万USドルに上りました。なお、今回の契約には、Aland社の消費者向け製品事業は含みません。

 

DSM – Bright Science. Brighter Living.

DSM社は、科学をベースとして健康、栄養、材料分野で活躍しているグローバル企業です。ライフサイエンスと    マテリアルサイエンスにおける独自の技術を組み合わせることで、経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。また、DSMは食品や栄養補助 食品、パーソナルケア、飼料、医療機器、自動車、塗料、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、 バイオ素材などのグローバル市場において、顧客企業の業績向上・維持に貢献できる革新的なソリューションを提供 します。年間の純売上高はおよそ100億ユーロ、社員数は25,000名で、NYSE Amsterdamに上場しています。

詳細については www.dsm.com をご覧ください。

 

* 本リリースは2015年3月31日にDSM社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。

プレスリリース