This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

DSM、サンフランシスコ・ベイエリアに支社設立

JP, 19 4 2016 04:00 CEST

成長著しいベイエリアのコンシューマーエレクトロニクス産業に向けたサポートを強化

ライフサイエンスとマテリアルサイエンスのグローバル企業であるDSM社(以下、DSM)は、高機能樹脂を手掛けるDSM Engineering Plastics社の支社をサンフランシスコ・ベイエリアに設立します。コンシューマーエレクトロニクス産業の成長が著しいベイエリアに拠点を設置してサポートを強化することで、同産業の更なる成長に貢献していくことを目指します。

カリフォルニア州サンマテオ市に設立するベイエリア支社には、アカウント管理に加えて、アプリケーション開発や設計、イノベーションなどの機能が付与されます。これまでDSMは、電気・電子産業に向けて、豊富な製品ポートフォリオをもとに、スマートフォン、タブレットとウルトラブックなどそれぞれに求められるソリューションを実現する高機能樹脂を供給してきましたが、同産業のサプライヤーベースの近くに顧客サポート部門を設置することで、広範にわたる知見や開発能力を素早く提供できるようになり、より充実した顧客サポートが可能となります。

なお、サンフランシスコ・ベイエリア支社は、電子機器の世界的なOEMやブランド各社を対象に活動していくとともに、電気自動車産業やスポーツ市場をサポートするハブ拠点となる予定です。

DSM Engineering Plastics - Americas社長 Richard Pieters(リチャード・ピーターズ)のコメント;

高機能樹脂の供給により築いてきた顧客企業との関係性を更に強固にするために、電子機器の設計機能が集積し最もが成長が早いエリアにハブ拠点を持つこと、そして、エンジニアや設計者の近くに顧客サポート部門を設置するという観点からベイエリア支社を設立しました。これにより、ベイエリアを中心とした西海岸の顧客企業の製品設計により早い段階で携わることができるようになり、開発期間の短縮や効率的な製造プロセスの実現に貢献していきます。近年、コンシューマーエレクトロニクス産業が急速に進歩している中、顧客企業をより効率的にサポートすることで、より小さく、高性能で、より環境に優しい電子機器の開発に貢献していくことをとても楽しみにしています。

<参考資料>

DSM Engineering Plastics社

DSM Engineering Plastics社は、ポリアミドを中心とした高機能樹脂の開発をリードし、世界中で供給するグローバル 企業で、Akulon™ PA6及びPA66、 Stanyl® PA46、Stanyl® ForTii™そして、原材料入手から製品出荷までの製品ライフサイクル全体でカーボンニュートラルを保証する植物由来のポリアミドEcoPaXX™など、豊富な製品ラインナップを有しています。また、Arnite® PBT及びPET、 Xytron™ PPS、及びArnitel® TPEなどの熱可塑性ポリエステルも提供しています。これらの素材は世界中の自動車、電気・電子産業、食品包装業界などで使用されています。

DSM – Bright Science. Brighter Living.™

DSM社は、科学をベースとして健康、栄養、材料分野で活躍しているグローバル企業です。ライフサイエンスとマテリアルサイエンスにおける独自の技術を組み合わせることで、経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。また、DSMは食品や栄養補助食品、パーソナルケア、飼料、医療機器、自動車、塗料、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、バイオベース素材などのグローバル市場において、顧客企業の業績向上・維持に貢献できる革新的なソリューションを提供します。年間の純売上高はおよそ100億ユーロ、社員数は25,000名で、NYSE Euronextに上場しています。

詳細については www.dsm.com をご覧ください。

 

* 本リリースは2015年12月8日にDSM社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。

プレスリリース