This site uses cookies to store information on your computer. Learn more x

2018年度9ヶ月決算を発表

Tokyo, JP, 08 11 2018 05:00 CET

2018年会計年度における現在までの決算ハイライト1

  • 第3四半期は好調に推移し、前半9ヶ月間の好業績に貢献。
  • 基本事業の売上高のオーガニック・グロースは8%増。
  • 為替による大きなマイナス影響があったものの、基本事業における調整後EBITDAの成長率は7%となった。
  • 基本事業のROCEは130bps(ベーシスポイント)増の13.6%を達成。
  • 一時的なビタミン価格上昇が調整後EBITDAの2億9,000万ユーロ上乗せに寄与。
  • 調整後EBITDA合計は34%増、当期純利益は8億2,100万ユーロ。
  • 営業活動によるキャッシュフローは51%増の9億3,300万ユーロ。
  • 通期業績見通しに変更はない。

注: 買収・売却や為替レートの影響を除いた売上高成長率

主要暫定数値および指標2

単位:100万ユーロ

2018年1-9月

1-9月

 

 

増減(%)

 

 

 

基本事業1

一時的な
ビタミンの
影響

グループ
合計

2017年
報告値

実質既存
売上高

FX及び
その他1

実質
成長率
合計1

一時的な
ビタミンの
影響

グループ

合計

売上高

6,644

415

7,059

6,456

8%

-5%

3%

6%

9%

ニュートリション部門

4,278

415

4,693

4,151

9%

-6%

3%

10%

13%

マテリアル部門

2,215

 

2,215

2,132

7%

-3%

4%

 

4%

調整後EBITDA

1,162

290

1,452

1,086

 

 

7%

27%

34%

ニュートリション部門

847

290

1,137

786

 

 

 

 

 

 

8%

37%

45%

マテリアル部門

393

 

393

369

 

7%

 

7%

イノベーション部門

1

 

1

5

 

 

 

 

コーポレート部門

-79

 

-79

-74

 

 

 

 

EBITDA

1,124

290

1,414

1,032

 

 

 

 

調整後EBITDAマージン

17.5%

 

20.6%

16.8%

 

1 本プレスリリースで開示している基本事業の業績は、DSMが可能な限り正確に見積もった一時的なビタミンによる影響を修正した業績指標、売上高および調整後EBITDAです。

2 調整後EBITDAは、継続事業の業績を対象とした代替的業績指標(APM)です。

CEOのコメント

DSM社CEO兼取締役会長Feike Sijbesma(フェイケ・シーベスマ)のコメント:

DSMは第3四半期も引き続き好調な業績を維持しており、通期業績見通しを達成することが確実となってまいりました。好調な基本事業のオーガニック・セールスおよび調整後EBITDA成長率が持続していることから、通期決算では2018年戦略計画の目標を再び上回る見通しです。

マクロ経済環境における懸念材料があるものの、ニュートリション部門とほとんどのマテリアル部門における業況は引き続き好調に推移していくと思われます。当社は、この数年の間に策定した戦略計画により、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野において、高い価値を創出するソリューション・ベースのスペシャルティ・プロダクトで構成される堅固なポートフォリオを構築いたしました。2019-2021年は野心的な戦略を実践していく所存です。業界を上回るイノベーション主導のオーガニック・グロースおよびイン・オーガニック・グロースを継続していくことで、2021年戦略計画の目標の達成が実現可能となるでしょう。

第3四半期業績ハイライト1

  • DSMは好調な第3四半期決算を発表。
  • 基本事業のオーガニック・セールス・グロースは5%増と好調を持続。
  • 為替によるマイナス影響があったものの、基本事業における調ニュートリション部門(基本事業):オーガニック・セールス・グロースは7%増、調整後EBITDAは10%増。
  • マテリアル部門:オーガニック・セールス・グロースは3%増、調整後EBITDAは3%増。
  • 一時的なビタミン価格上昇が調整後EBITDAへの1,500万ユーロ上乗せに寄与。
  • 調整後EBITDA合計は11%増。

主要暫定数値および指標2

単位:100万ユーロ

2018年第3四半期

第3四半期

 

 

増減(%)

 

 

 

基本事業1

一時的な
ビタミンの
影響

グループ
合計

2017年
報告値

実質既存
売上高

FX及び
その他1

実質
成長率
合計1

一時的な
ビタミンの
影響

グループ

合計

売上高

2,215

50

2,265

2,136

5%

-1%

4%

2%

6%

ニュートリション部門

1,438

50

1,488

1

7%

-2%

5%

3%

8%

マテリアル部門

723

 

723

706

3%

-1%

2%

 

2%

調整後EBITDA

391

15

406

365

 

 

7%

4%

11%

ニュートリション部門

283

15

298

258

 

 

 

 

 

 

10%

6%

16%

マテリアル部門

132

 

132

128

 

3%

 

3%

イノベーション部門

1

 

1

4

 

 

 

 

コーポレート部門

-25

 

-25

-25

 

 

 

 

EBITDA

370

15

385

343

 

 

 

 

調整後EBITDAマージン

17.7%

 

17.9%

17.1%

 

1 本プレスリリースで開示している基本事業の業績は、DSMが可能な限り正確に見積もった一時的なビタミンによる影響を修正した業績指標、売上高および調整後EBITDAです。

2 調整後EBITDAは、継続事業の業績を対象とした代替的業績指標(APM)です。

2018年度の展望

DSMは、2018年通期の見通しを据え置くこととしました。また、調整後EBITDAの成長率は約25%に達する勢いで伸び、この結果ROCEも拡大する見込みです。この見通しの前提は以下のとおりです。

  • 為替変動を考慮しない場合、基本事業の調整後EBITDAは2桁台前半の成長率で伸びる。
  • 外国為替のマイナス要因は、調整後EBITDAを7,000万ユーロ程度下押しする。
  • 異例なビタミン価格が設定されている環境下にあることに起因して、通期の調整後EBITDA合計に推定2億9,000万ユーロの上乗せ効果が見込まれる。

DSM – Bright Science. Brighter Living.™

Royal DSMは、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野において事業を展開する「purpose-led」(目的主導型)のグローバル企業です。経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。 DSMは、食品や栄養補助食品、飼料、パーソナルケアおよびアロマ、医療機器、環境に配慮した製品および用途、新たなモビリティとコネクティビティの分野において革新的なビジネスソリューションを提供します。 DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約2万3,000名、Euronext Amsterdamに上場しています。詳細については www.dsm.com をご覧ください。

* 本リリースは2018年10月31⽇に DSM 社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。

将来予測に基づく記述

本プレスリリースには、将来予測に基づく記述が含まれています。これらの記述は DSM 経営陣による現時点での期待、推定、予測、および現時点で当社が⼊⼿可能な情報に基づいています。これらの記述には、予測が困難な特定のリスクと不確実性が含まれることから、DSM はその予測の実現については保証しません。また、DSM は本プレスリリースに含まれる記述を更新する義務を負いません。