DSM、バイオベースDyneema®繊維をカナダのシューズブランドnorda™の旗艦製品に提供

2020年8月5日

栄養、健康、サステナブルな暮らしの分野で事業展開するグローバル・サイエンス企業であるRoyal DSMは、カナダのシューズブランドnorda™により、バイオベースDyneema®(ダイニーマ®)が初めてシームレストレイルランニングシューズに採用されたことを発表しました。 

norda™は、ランナーがランナーのために設計したブランドで、イノベーションと最先端技術により、アスリートの潜在能力を最大限引き出すことを使命として開発されました。norda™001は、ブランドの主力製品として、バイオベースDyneema®(ダイニーマ®)繊維を使用し、軽量構造でパフォーマンスと持続可能性に注力します。

靴のアッパーは、Dyneema® Fabrics(ダイニーマ® ファブリック)を用いたシームレス構造になっており、the world’s strongest fiberTM(世界最強の繊維)であるDyneema®(ダイニーマ®)ならではの特性が活かされています。例えば、Dyneema®(ダイニーマ®)繊維は分子レベルで設計されており、高強度、軽量、防水性、通気性を備えていることから、超軽量素材の技術的性能と、強度や耐久性を損なわない美的デザインの融合を実現しています。

こうしたアッパー部における足の安定性と快適性向上に加え、Dyneema®(ダイニーマ®)繊維は、靴紐の耐摩耗性と伸縮性を高めるためにも使用され、ナイロンやポリエステルなどの標準的な紐素材と比較して4倍の強度になっています。

norda™の共同創設者であるWillamina と Nick Martireの両氏は、次のように述べています。「norda™001の生産を開始した際の我々の目標は、超強力で耐久性のある高性能トレイルランニングシューズを設計し、それを可能な限りサステナブルにすることでした。このような目標を達成するためには、フットウェア業界で使用されている標準的な素材以外に目を向ける必要がありました。そうしたところ、バイオベースDyneema®(ダイニーマ®)の特性が、市場にあるどの素材よりも優れていることが分かりました。」

人々と環境を守るというDSMのコミットメントに沿って、バイオベースDyneema®(ダイニーマ®)は、従来のDyneema®(ダイニーマ®)と同じ性能を備えており、一般的なHMPE(高弾性ポリエチレン)よりもカーボンフットプリントを90%低減しています。再生可能なバイオベースの原料を利用するDSMの最新ファイバー技術は、マスバランス方式を使用して化石燃料ベースの資源への依存をさらに低減するとともに、循環型経済の確立に貢献しています。

DSM Protective MaterialsのConsumer & Professional Protectionでグローバルビジネスディレクターであるマルシオ・マニーク氏は次のように述べています。「この度、norda™様は、最もサステナブルな原料で作られた最高性能の製品を消費者に提供する、ということを実現されました。DSMのDyneema®(ダイニーマ®)が大きく貢献したことを嬉しく思います。バイオベースのDyneema®(ダイニーマ®)繊維をご使用いただくことで、お客様が望まれる性能やサステナビリティをご提供します。」

DSMは、サプライヤー、お客様、主要パートナーと協力して、イノベーションと環境への責任の両方が実現可能な製品ポートフォリオを誇ります。この度のDSMとnorda™のパートナーシップでは、トレイルランニング分野におけるフットウェア開発での歴史的なイノベーションが実現し、性能とサステナビリティのどちらも同時に実現できることが証明されました。