耐摩擦性能

ロープの耐摩擦寿命が4倍

索道器でも巻き上げ機でも、使用されている係留ラインには激しい摩擦力がかかり、耐用年数を縮めたり危険なラインの破損すら引き起こす場合があります。

よくある質問

Q:ダイニーマ® SK78を使用したラインは、耐摩擦性能の点では一般的なHMPEと比較してどうですか? 
A:ダイニーマ® SK78を使用したラインは、関連する応用テストでHMPEより4倍長い耐摩擦寿命を証明しています。 

Q:耐摩擦性能をさらに高めることはできるのでしょうか。
A:ダイニーマ® SK78は、ジャケットなしのラインに使用した場合に優れた耐摩擦性能を発揮しますが、さらなる保護を提供する目的にも使用でき、ジャケット付きラインのカバーや専用の耐摩耗スリーブとして使用する場合に有効です。ほとんどの用途において、DSM独自の耐摩擦性コーティングを使用することで外部および内部の摩耗に対する耐性がさらに高まります。

Q:摩耗は、どのようにして予測・軽減できますか? 
A:DSMは、外部摩耗を評価するための摩耗試験機を開発しました。これはウィンチング、リフティング、係留に特に有効です。この試験機では、モジュール式の試験面を使用し、鋭角が摩耗率に与える影響、ウィンチングの影響、係留ラインで特に重要な索道の擦れによる摩耗を測定することができます。

Q:ヤーン・オン・ヤーン試験のような試験で耐摩擦性能を比較できますか?
A:できません。ヤーン・オン・ヤーン試験は様々なファイバーを比較することはできますが、その結果をロープの耐摩耗性能に置き換えることはできません。耐摩耗性能につながる試験には、特定の状況を模した最新鋭の試験機が必要です。実際のサイズのロープを使用して、リアルな条件下で試験を行うことによって初めて、特定のシナリオでの性能の予測が可能になります。

ホワイトペーパー「係留ラインに適したファイバーの選択」

ダイニーマ® SK78の優れた引張疲労特性の詳細を、新しいホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。 ダイニーマ® SK78を使用した係留ラインへの切り替えを社内提案する際にご利用ください。

インフォグラフィック「係留ラインに適したファイバーの選択」

ダイニーマ® SK78を使用した係留ラインへの変更を提案する際などにご利用いただけます。インフォグラフィックをダウンロードして、社内で共有してください。

これからの耐摩擦試験

ダイニーマ®は、外部摩耗を評価する画期的な方法を開発しました。ウィンチング、リフティング、係留などに非常に有効です。

×

作業をスマートに。ダイニーマ® SK78をお選びください

ダイニーマ® SK78を使用した係留ラインが優れた耐用年数と高い性能を発揮する理由について、詳しくご説明します。下の各特長をクリックしてください。

高い評判、認証済み

ダイニーマ®SK78ファイバーは、その品質、一貫性、性能の高さで知られています。この結果取得したのがDNV GLの製造者承認証明、ClassNKのフィラメント承認です。各認証について詳しくお知りになりたい場合は、当社にお問い合わせください。

本サイトは、ご利用のコンピューターに情報を保存するクッキーを使用しています

詳細情報