Mission Arcticは未知の領域に向かいます

Mission Arcticでは、チームが地球で最も危険な地形をうまく安全に通過できるように、Atlantic Braids社が製造するダイニーマ®を使用のロープを使用することを選択しました。北極圏での探検が始まって以来、ロープは継続的に激しく使用されていますが、摩耗や裂けの兆候は発生していません。Dyneema®の他社にはない優れた品質により、ダイニーマ®を使用のロープは最良の選択肢になっています。同時に北極圏において、このユニークなミッションのための唯一の選択肢になっています。

Dyneema®で作られたロープが、極限状態でMission Arcticをどのようにサポートしているかをご覧ください

×

北極圏への前例のない探検

Mission Arcticは、急速に変化する北極圏環境の未踏の領域と新たに露出した水路を調査および発見するための、これまでに試みられたことがないエコ探検です。北極圏の氷が溶けるにつれて、人類の歴史上初めて新しい領域に到達できるようになりました。これにより、Mission Arcticチームは、何千年もの間隠されてきた地球の秘密を明らかにする機会を与えられました。

身も凍るような一連の課題

北極圏では、壊れた機器を交換する店舗がなく、郵便を利用できないため、探検チームは100%独立していて自立している必要があります。船内のすべてのものは、そのニーズを満たし、期待される用途を超える必要があります。特に、チームが困難な状況を乗り越え、探検を可能な限り安全にするために必要な物資は、その条件を満たす必要があります。そのため、探検隊のリーダーであるNick Peisselは、船舶に索具を装備し、船舶を錨で停泊し、船舶を埠頭につけ、計装を海に降下し、登山を行うために使用するロープについて、ロープメーカーである Atlantic Braids社 に連絡しました。 

「私たちは船上にあるものを活用して、任務を遂行する必要があります。そのため、発生する可能性のあるシナリオを予測し、最高の機器を持参する必要があります。」

Nick Peissel、探検リーダー/プロジェクトディレクター、Mission Arctic

ロープの卓越性を判断するための5つの性能に関するポイント

Mission Arcticでは、何か月にもわたり、頻繁に使用した後でも耐久性を維持できる機器を必要としているため、次の性能に関する5つの重要なポイントに基づき、ロープを判定しました。

1.信頼性:

Mission Arcticは、ハリヤード、デッキライン、アンカー、係留ラインが破損した場合、探検に大惨事が発生することを理解していました。さらに、チームは一度に何日間も鋭い角を持つ流氷に囲まれることがありました。損耗が常に発生していました。

2.品質:

この規模の探検には、高品質の機器が不可欠です。Mission Arcticでは、予想される負荷を十分に超える定格を備えたラインを探していました。

3.管理性:

Mission Arcticでは、非常に多くの機器を限られたスペースに保管する必要がありました。そのため、既存の滑車と甲板用ハードウェアに適合するラインを必要としていました。

4.重量:

また、Mission Arcticでは、軽量で、水に浮き、凍結しないよう水を吸収しないラインを必要としていました。停泊中または係留時に流氷が船を囲んでいるため、チームは、船の周りの流氷が引っかかるかどうかを予測するため、ラインがどこにあるかを正確に把握できる必要がありました。

5.多機能性:

最後に、Mission Arcticは、強度を損なうことなく、予備のシュラウドまたはフォアステイ/バックステイとしても機能する係留ラインなど、複数の目的を果たせるラインを必要としていました。

一部のラインは、これらの目的の1つまたは2つを果たしていました。しかし、Mission Arcticは、独自のニーズをすべて満たすラインがあるとは予想していませんでした。

「Atlantic Braids社と相談した結果、Dyneema®で作られたロープが唯一の解決策であることが明らかになりました。」

Nick Peissel、探検リーダー/プロジェクトディレクター、Mission Arctic

Dyneema® の違い

Mission Arcticの探検を支援するために、Atlantic Braids社、ソフトシャックルやリギングラインからフローティング高強度安全ラインまで、すべてDyneema®で作られた製品を推奨しました。Dyneema® の固有の特性により、鋼よりも強度が高く、しかも7倍軽量です。さらに、Dyneema® で作られたロープは、より耐久性があり、UV耐性、耐湿性があり、世界で最も過酷な条件でも並外れた性能を発揮します。

現在進行中のミッションで、Nickと彼のチームは、Dyneema®で作られたロープの多目的な性能に完全に感銘を受け、次のように述べています。「Dyneema®で作られたロープの性能と、それらを使用できる用途の多さに驚かされます。」激しいひずみと凍えるような天候にもかかわらず、Dyneema® で作られたロープは軽量性、強度、そして柔軟性を維持します。

「Atlantic Braids社とDyneema® は、あらゆるレベルで私たちのニーズを満たしてくれました。それにより、私たちが不可能だと考えていた北極圏で探検が可能になりました。」

Nick Peissel、探検リーダー/プロジェクトディレクター、Mission Arctic

小型ロープはCTD海洋学装置でその能力を証明します

Mission Arcticチームは、ドローンと水中自動運転車両を使用して、北極圏研究センターのために研究を行っています。そのような車両の1つがCTD
海洋学装置です。

Atlantic Braids社に出会う前に、Mission Arcticでは、CTD(Conductivity Temperature Depth profiler/導電率温度深度プロファイラー)を水中に降下させるために必要な専用ラインをセクションに分割し、ラインを繰り出すときに一緒に束縛する必要があると考えていました。これにより、Mission Arcticは、セクションをより小さなスペースに保管できるようになります。代わりに、Atlantic Braids社は、Dyneema® SK-78で作られた8ストランドツイルラインである2,500フィートの1.8mm Fling-It™を推奨しました。Fling-It™は高さ7インチのスプールに収まるため、取り扱いと保管がはるかに簡単になります。

Nickと彼のチームは、CTD海洋学装置のサイズを小型Fling-It™ラインと最初に比較したとき、懐疑的でした。Mission Arcticチームは、ラインがCTD、その保護ケージ、および海流の重量に耐えられることを確認するためのテストを行いました。チームの驚いたことに、このラインにはひずみの兆候は見られず、柔軟性も損なわれていませんでした。探検を初めて数か月、Nickは感銘を受けて、次のように述べています。「300回以上降下させましたが、摩耗の兆候はありませんでした。CTDは、そのサイズの対応するラインを簡単に壊してしまいます。Fling-It™のおかげで、甲板上に200リットルのドラム缶を使用していた数百メートルのラインが、引き出しに収まる小さなスプールに便利に保管できるようになりました。」

ソフトシャックルにより柔軟性と強度を実現します

Dyneema®で作られたAtlantic Braids社が提供するソフトシャックルは、軽量で、柔軟性があり、費用効果が高く、重くて柔軟性がなく、高価な鋼製シャックル同じ荷重に対応できます。Nickは次のように述べています。「ソフトシャックルは、強度を維持しながら、柔軟性を実現しており、最強の品質を有していると私は考えています。ソフトシャックルは、船体、スペア、甲板を壊したり損傷したりしないようにするために、必要な角度に成形することができます。さらに、ソフトシャックルでは、摩耗の兆候を簡単に監視できますが、鋼製シャックルは警告なしに故障します。これらの極端な状況で毎日、私たちの生活と船の安全性は、ソフトシャックルに依存しています。」 

Mission Arcticの場合、ソフトシャックルには複数の用途があります。チームは、ハードウェアを機械的に設置することなく、停泊および係留に関する問題を創造的に解決できます。Nickは次のように繰り返します。「私たちは、ソフトシャックルを有用なものから不可欠なものまで幅広い目的に使用してきました。そして、新しいクリートを追加したり、船に損傷を与える可能性のある柔軟性のない鋼製シャックルを設置したりすることなく、すべてを行うことができます。」 

環境に優しい世界は強い世界です

DSM Dyneema社にとって、世界最強のファイバーを作るだけでは十分ではありません。また、同社は、Dyneema® を最も環境に優しいオプションにすることにも取り組んでいます。次の3つの要素が組み合わさって、Dyneema® を「最も環境に優しい強み」にします。製造の継続的な改善、ファイバーの独自の特性をさらに改善するための継続的なR&D(研究・開発)、循環経済への貢献を模索するための業界パートナーシップです。 

現在、Dyneema® は、単位強度あたりの二酸化炭素排出量が最も少ないため、持続可能性を実現するために、高性能を犠牲にする必要はありません。

DSM Dyneema社のグローバルビジネス担当取締役であるEdwin Grootendorstは次のように述べています。「当社では、持続可能性を事業の重要な推進力として認識しています。より良い世界の実現に貢献したいと考えていますが、パートナーの協力なしには実現できません。「当社では、クラス最高のDyneema® SK-78ファイバーが、北極圏という極端な用途で機能し、Mission Arcticのミッションにおいて、自然環境の理解に役立っていることを誇りに感じています。」

「当社では、持続可能性を事業の重要な推進力として認識しています。より良い世界の実現に貢献したいと考えていますが、パートナーの協力なしには実現できません。」

Edwin Grootendorst、グローバルビジネス担当取締役、DSM Dyneema社

Mission Arcticの探検をフォローしてください

当社にご相談ください

当社の専門スタッフまでお問い合わせください。ダイニーマ®が貴社の事業を最適化できる仕組みについて説明し、アドバイスを提供させていただきます。