困難な風力発電所の設置で厳しい納期に間に合わせたシーウェイ・ヘビー・リフティング

84基の風力タービン。47万軒の住宅の電力

シーウェイ・ヘビー・リフティングがスコットランド沖で84基の新しい風力タービンの設置を支援するよう要請された際、納期が厳しく安全が重視されていたため、輸送に関して唯一選択できたのは、ダイニーマ®を使用したラッシングチェーンでした。

ダイニーマ®を使用した軽量のラッシングチェーンは、健康、安全性、品質の面で大きな利点がある上、全体的なコストを低減できます。シーウェイ・ヘビー・リフティング(SHL)はベアトリス・オフショア風力発電所のために、ダイニーマ®を使用してヴァン・ビーストB.V.が供給しているグリーン ピン タイキャン®チェーンを使用し、基礎杭を効率よく現場まで移動しました。

深海設置の課題

ベアトリスは588メガワットのオフショア風力発電所で、スコットランドのアウターモレー湾に建設されており、あらかじめ杭を打ったジャケット基礎上の84基の風力タービンで構成されています。稼働後、ここで生成された電力は33 kVアレイケーブルを介して2つのオフショア送電用モジュールに集められます。この風力発電所は完全に稼働すれば、おおよそ47万軒分のニーズに相当するエネルギーを供給することになります。

ベアトリスに関して、SHLは海底海面エンジニアリング企業のサブシー7と協力しました。SHLは共同で84基の風力タービンのジャケット基礎とアレイケーブルの管理、設計、エンジニアリング、製作、設置を担い、オフショア送電用モジュールを輸送して据え付けました。この中にはジャケット用の336本の杭も含まれていました。

厳しい納期でを鉄を除外

最大の課題は厳しい納期でした。杭は3ヶ所(ドイツの1ヶ所とオランダの2ヶ所)からベアトリスの現場まではしけで輸送する必要がありました。現場に到着後、杭(それぞれ重量は約150 mT)はSHLの優れた重量物リフティング用船舶「スタニスラフ・ユディン」で設置されます。

輸送用に杭をしっかり固縛するには、長さ16m、最小破断荷重(MBL)20トンのチェーンまたはストリップが必要でした。鉄製の場合、各チェーンの重さは64kgで、はしけ上にチェーンを配置するにはクレーンが必要になります。また、これでは時間もかかりすぎてしまいます。

SHLがダイニーマ®のラッシングチェーンを使用する利点

  • チェーンを手動ではしけ上に投げられるため、固縛が迅速化
  • 素早く安全な撤収。クレーンやはしごは不要
  • 安全性の向上。作業員がはしごや貨物上に登る必要なし
  • ひとりの網具員が1日中、長いチェーンを扱えるので生産性が向上
  • グリーン ピン タイキャン®チェーンは重量が大幅に軽いため、鉄と同じ固縛能力で杭を安全に積み重ねられ、チェーンの伸びも低く抑制
  • 繊維チェーンはやわらかいので、杭の損傷リスクを低減
  • 様々なスタック高さの長さと杭の寸法を容易に調整
  • 輸送中に保護スリーブを使用する必要なし
  • 繊維チェーンは自然に巻く性質があるため、船上と倉庫で必要なスペースを低減

並外れたラッシングチェーン:ダイニーマ®を使用したグリーン ピン タイキャン®

解決策は、ダイニーマ®を使用した軽量のラッシングチェーンを使用することでした。SHLはすでに重量物用スリングと曳航用ラインでダイニーマ®を使っていたため、、容易な選択だったとSHLは言います。64kgの鉄に比べ、必要な20トンのMBLを備えた16mのグリーン ピン タイキャン®チェーンの重量はわずか10.2kgです。クルーは、はしけの片側からもう片方に向けて繊維ラッシングチェーンを杭の上に投げるだけで済み、クレーンは必要ありませんでした。ダイニーマ®の繊維ラッシングチェーンの使用には、このほかにも取り扱い上の利点もありました。「鉄製チェーンの使用を検討しなかったもうひとつの理由は、鉄製チェーンが杭からすべり、はしけの下の方に落ちてしまう傾向があったためです」とSHLのインストレーションエンジニア、ウーター・ブート氏は説明します。「それを拾い上げるには、さらなる時間とコストがかかります。」

「可能な限り、当社では固縛とリフティングで繊維器具を優先して使っています。鉄に比べて容易で素早く、人間工学に基づいた取扱いが可能だからです」

SHLプロジェクトエンジニア、フリッツ・ヴァン・ドルスト

SHLの3回目のダイニーマ®使用

グリーン ピン タイキャン®チェーンに切り替えたことにより、SHLではダイニーマ®ファイバー技術を3つの異なる用途で使用していることになります。ダイニーマ®を使用した重量物用スリング(破壊強度は500t~3000t)、ダイニーマ®の曳航用ライン、そして、丈夫な固縛用のダイニーマ®繊維ラッシングチェーンです。「鉄製品はもう固縛とリフティングでは使いたくありません」とSHLプロジェクトエンジニアのフリッツ・ヴァン・ドルスト氏は言います。SHLプリンシパルエンジニアのダーク=ヤン・マタール氏も「この用途では繊維ベースの軽量な製品のみを使用したい」と同意しています。

SHL向けのグリーン ピン タイキャン®ラッシングチェーン

  • 重量物の海上輸送とオフショア業界での安全な固縛向けにDNV-GLから完全に認定済み
  • 85本のチェーンは合計1360m(4050ft)の長さで、重量は800kg(SHLはその後、さらに17本のチェーンを注文)
  • ダイニーマ®マックステクノロジーを駆使したダイニーマ®ファイバー製
  • 各グリーン ピン タイキャン®チェーンの長さは16m
  • グリーン ピン タイキャン®の認定固縛能力は、LC = 10トン、安全率はSF = 2、最小破断荷重は20トン
  • 各繊維チェーンの重量はわずか10.2kg(同等の鉄製は64kg)
  • SHLは、船上での重量物の固縛が必要な他のプロジェクトでもグリーン ピン タイキャン®を使用する予定です

お困りですか?

当社の専門家にご相談ください。ダイニーマ®によるお客様のビジネスの最適化についてアドバイスをご提供します。