×

優れたパフォーマンス:PA66の不足が、植物由来プラスチックの自動車への活用を促進

優れたパフォーマンス:PA66の不足が、植物由来プラスチックの自動車への活用を促進

6 February 2019

Ronald Ligthart(ロナルド・ライタート)

グローバル・テクニカル・プロダクト・マネージャー

持続可能性に関する明確で優れた特長にもかかわらず、植物由来プラスチックは、自動車業界のいくつかのニッチな用途を除いて需要が何年も伸びてきませんでした。

しかしながら、自動車メーカーが、従来の素材よりも植物由来の樹脂が見せるユニークな特性を見つけてから、その状況が変わり始めています。

私たちは最近、こうしたトレンドについて議論するため、雑誌Composites Worldに参加しました。コンポジット・アプリケーションへの植物由来樹脂の活用が広がっていること、中でも単一方向テープの活用が増えていることについて意見を交わすためでもあります。

DSMのPA410 植物由来エンジニアリング・プラスチックのEcoPaXXは、カーボン・ニュートラルな原料としてトウゴマの種子を使用し、以下のユニークな特長を提供しています:

  • 同程度の価格: 世界中でPA66の不足が続く中、EcoPaXXは性能を落とすことなく、持続可能な選択肢となります。
  • 軽量化:EcoPaXXは年数を経てもその強度を保つことから、PA66などの他の素材に比べ、重量を30%抑える薄肉部品を可能にしました。
  • 既存の設備の活用:EcoPaXXはPA66と同じ工程を使って成形できるため、新たな設備投資を行う必要がありません。
  • 耐湿性:EcoPaXXはPA66よりも30%少なく吸湿し、40%少なくなることもあります。このため寸法安定性と耐加水分解性に関して、従来のポリアミドを上回る特長を持っています。

EcoPaXXの他のユニークな特長については、こちらにお問い合わせいただくか、plasticsfinder.comからテクニカル・データシートなどの追加情報をご確認ください。

Published on

タグ

共有

著者について

Ronald Ligthart(ロナルド・ライタート)

グローバル・テクニカル・プロダクト・マネージャー

Ronald Ligthart(ロナルド・ライタート)は、DSMエンジニアリングマテリアルズのStanylとEcoPaXXシリーズを担当するグローバル・テクニカル・プロダクト・マネージャーです。Ligthartは2006に、ポリアミドのリサーチ・サイエンティストとしてDSMに入社、2010年には植物由来エンジニアリング・プラスチック EcoPaXXの製品化において重要な役割を担いました。アイントホーフェン工科大学で化学と化学工学の博士号を取得しています。

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。 

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報