×

2022国際ロボット展に出展とセミナー講演のお知らせ

2022国際ロボット展に出展とセミナー講演のお知らせ

DSMエンジニアリングマテリアルズ ブース(東ホール1、E1-13)に、

ぜひご来場くだい!

サステナビリティを事業戦略の中核とし、循環型経済の実現を目指すDSMエンジニアリングマテリアルズ。既存の全製品群に、2030年までに植物由来、リサイクル材料による製品上市にコミットしており、低環境負荷型の技術開発を推進します。高機能樹脂のグローバルリーダーとして、自動車や電子・電機業界のお客様のイノベーション実現に貢献してきた実績をもとに今回、次世代ロボットの新しいデザインに必要なソリューションと低環境インパクトの製品をお客様の製品のライフサイクルを通じて展開します。

DSMブースの見どころ1:重量とコスト合理性

  • 金属部品の樹脂化による、軽量化とコストの合理化の実現
  • 樹脂を用いた軽量化設計による省エネ化、動作の高速化、駆動部品の小型化、そして協働環境での安全性向上等、新たな価値の創造
  • 樹脂設計による、ロボットアームの展示

会場でぜひ、その軽さと機能性を手に取ってご体感ください!

DSMブースの見どころ2: サステナビリティ

サステナビリティで世界を牽引するDSMエンジニアリングマテリアルズ

  • 2030年までに全製品にバイオマス、リサイクルベースの製品の上市にコミット
  • 省エネ設計
  • LCAアセスメント
  • ISCC認証

弊社の技術者や営業担当がブースで皆さまをお待ちしております!

【展示会情報】

【出展社セミナー】

  • 日時:3月11日(金) 13:30-14:10
  • 会場:セミナー会場①
  • セミナータイトル:材料メーカーが実現する​~サステナブルな「人とロボットの
                                      協働環境」~​

柿澤将基
用途開発マネジャー 
DSMエンジニアリングマテリアルズ

従来の自動車・電気電子用途で普及したロボットは、食品、農業、物流業等の他業界にも広がりを見せつつある。世界的な労働人口減少を背景に、人とロボットが同一の領域で協調する協働ロボットの需要は三品産業で特に高い。従来からの価値基準であった人件費との比較における経済的合理性に加え、安全性や快適性を軸とした社会的合理性、そしてロボットのライフサイクルを通じた低環境負荷の製品設計が今後の重要な課題となる。本セミナーでは、今必要とされるロボットの設計思想とコンセプトアプローチの紹介をします。

用途、材料、成形方法、アプリケーション、特性、などお客様のニーズに応じたDSMの製品を検索いただけます。検索はこちら

展示会に関するご質問は、弊社営業担当者、もしくはこちらまでお問い合わせくださいませ。

DSMの製品や技術に関する質問はこちら
お見積もりやサンプル依頼はこちら

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。