自動車分野におけるDSM

私たちの革新的な高性能プラスチックは、自動車分野の様々な技術的課題に対応するよう開発されています。私たちの産業エキスパート、科学者、エンジニアが、どのようにしてお客さまと協力しながら次世代のソリューションを開発しているかをご覧ください。

プラスチック 自動車照明の明るい未来

車の照明に使用される素材には、多くが求められます。しかし、さらに大きく報われる可能性もあります。この用途の最大の課題のいくつかは、ガスを放出すること、そして、より明るく安全で小型化された新しい設計を作成することです。DSMでの照明分野での足取りは、30年以上も前にさかのぼります。今日、私たちは、お客さまがコスト効率を維持しながら、より小さく、環境に優しく、そして明るい革新的な照明装置を作ることのサポートに注力しています。

私たちの素材のポートフォリオには、フロントライトフレーム、ベゼル、レンズホルダー、ケーブルコーティング、ランプホルダー、ソケットおよびLEDシステムの熱伝導性のプラスチックソリューションなど、さまざまな照明用途に適したグレードがあります。

私たちの素材専門の科学者チームは、2002年から ガスを放出するという課題に取り組み、Arnite T XL素材によるソリューションを発見しました。そこから私たちは、知識と経験をAFL/DBLフレーム用低ガス放出Arnite A XL素材など、他のコンポーネントへ拡大しました。この素材は現在、より高価格帯の車のスマートヘッドライトシステムに使用されています。

私たちは、熱可塑性プラスチックが、エネルギーを節約し炭素排出量を低減するために、昼間点灯装置において今後も大きな役割を果たしていく可能性があると考えています。私たちは歩行者安全性に関する新しいコンセプトを開発し、LED、キセノンとハロゲン照明装置の使用をさらに拡大し最適化するため、お客さまと協働しています。

私たちのソリューションを見る

Bezels and AFL Frames

Automotive | Exterior Automotive Lighting

Reliable; Low outgassing behavior; Long term road visibility; Cost effective

Foglamps

Automotive | Exterior Automotive Lighting

Reliable; Lightweight; Low outgassing behavior; Long term road visibility; Cost effective

LED Headlight Lighting Modules and Lensholders

Automotive | Exterior Automotive Lighting

Reliable; Lightweight; Low outgassing behavior; High design freedom; High HDT; Cost effective
  • Arnitel® - TPC

    Arnitel® - TPC

    高性能熱可塑性コポリエステル(TPC)は柔軟性、高温耐熱性、強度のユニークな組み合わせに加え、優れた加工特性を提供します。

  • Arnite®-PET & PBT

    Arnite®-PET & PBT

    優れた加工特性を有し、高強度と剛性を兼ね備えた高性能エンジニアリング・ポリエステル・プラスチック(PBT、PET、およびブレンド)。

当該製品

私たちは、高品質素材の幅広いポートフォリオと深い技術ノウハウを用いて、お客様と緊密に連携しながら、より軽く、強く、耐久性の高い素材を求める声に応えるため、新しい用途を開発しています。

ここでは私たちのブランドの中でも最も広く認知されているブランドをご紹介します。他に先駆けて、最新鋭の技術を採用することでお客様が市場のリーダーとなることを可能にします。

DSMのAkulon®ポリアミド6グレードは、自動車の外装部品における塗装ニーズをなくします。

自動車の外装用途では、実際に見て触ることが大変重要です。DSMは、適切な素材を提供することで、何年もこの市場で実績を挙げています(ミラーハウジングやドアハンドルなど)。今日、私たちは、非常に良好な表面品質が必要とされる塗装なしの自動車外装部品に、補強を施したAkulonポリアミド6も提供しています。このような外装部品の塗装の必要性を無くすことによって、DSMは、品質に妥協することなく、ユニットのコスト削減に大きく貢献しています。

×

何をお探しですか?

私たちはソリューションの構築に、科学的アプローチを採用しています。金属から置き換えるケースであっても、また、より強力、安全、かつ高効率のソリューションの開発であっても、私たちの専門チームはお客様と緊密に連携し、新しい部品開発とコンポーネント開発のすべてのプロセスを精査します。私たちの体系的なアプローチは、設計や素材の性能から、生産、コンプライアンスにいたるまで、プロセスにおけるすべての段階を網羅します。

  • 難燃性

    難燃性

    様々なエレクトロニクス部品に使用されているエンジニアリング・プラスチックは、厳しい難燃性要件に適合するとともに、より環境にやさしいソリューションである必要があります

  • 小さな許容誤差

    小さな許容誤差

    少ないものでより多くのことを成し遂げることを追及する中で、一部の自動車用途は他に比べてひときわ難しい挑戦です。

  • 強度、剛性、および耐疲労性

    強度、剛性、および耐疲労性

    燃費向上に向けて自動車メーカーが引き続き軽量化に重点的に取り組んでいる中、金属部品をプラスチックに置き替えることは依然として重要な課題となっています。

さらに詳しく見る

自動車照明アプリケーション 軽量化および環境への負荷の低減

DSMエンジニアリング・プラスチックのウェブショップ

高温LDSアッセンブリーにおける統合機能性:エレクトロニクス分野における付加価値ソリューション

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。