燃料電池の効率と寿命の改善

燃料電池市場は、数多くの企業が参入しており、市場での優位性を確立することが重要です。燃料電池の寿命、効率性、安全性の向上に貢献する材料を選ぶことは非常に重要です。

燃料電池システムは、純物質を使用する必要があります。不純物が混じっていると、イオン析出、加水分解および熱老化が発生する可能性があるためです。 これらの2つの障害モードとリスクの結果、ブランドイメージを損なう可能性があります。 不純な材料はイオン析出のリスクを高め、吸水性の高い材料はより多くのイオン析出を促進しますが、これは望ましくありません。 また、不純な材料は、加水分解および熱老化のリスクを高めます。PA9TおよびPA66は優れた性能を発揮しません。

燃料電池の材料の課題

燃料電池システムは、ピュアな材料を使用する必要があります。そうでない場合、樹脂中のイオンが析出したり、加水分解および熱老化が発生する可能性があります。このようなトラブル、リスクは、ブランドイメージを損ないかねません。 不純な材料はイオン析出のリスクを高め、吸水性の高い材料はより多くのイオン析出を促進しますが、これは望ましくありません。 また、不純な材料は、加水分解および熱老化のリスクを高めるため、PA9TおよびPA66は、優れた性能を発揮できなくなります。

イオン析出・加水分解・加熱老化の原因・影響
膜にできた小さな穴の例

Xytron PPSが他のエンジニアリング材料の性能より優れている点

DSMのPPSは、市場で最もピュアな材料ソリューションで、市場で入手可能な燃料電池において最高のパフォーマンスを提供できます。

  • 高温(120℃)域までの低イオン析出
  • 加水分解が起こる環境において、優れた強度および靭性保持
  • 優れた寸法安定性、疲労強度および耐クリープ性
  • 加水分解およびヒートエージング前後の優れたウエルドライン強度

Xytron PPSは、世界中の業界トップメーカーとTier1から信頼されています。 Xytron PPSは、燃料電池システムを高効率で、長い使用期間にわたり、安全にご使用していただけるものとすべく、加水分解環境において最低のイオン析出および最良の強度および靭性保持します。 DSMでは、燃料電池用途の需要に応えるべく、イノベーティブな材料ソリューションを開発しています。

低イオン析出とライフタイムの関連性

Explore DSM grades for Fuel Cells

Xytron™ G4080HR

40%ガラス強化

Xytron™ は、PPS(polyphenylene sulphide)をベースとしたディーエスエムエンジニアリングプラスチックの高性能プラスチック材料です。

Xytron™ は極めて高い耐薬品性・寸法安定性を有する他、難燃性と高い靭性を備えています。

Xytron™ の突出した特性は、様々な用途に優れた性質をもたらします。

  • 難燃
  • 加水分解耐性
  • Hydrolysis resistant or enhanced hydrolytic stability

Xytron™ G4020DW-FC

40%ガラス強化

Xytron™ は、PPS(polyphenylene sulphide)をベースとしたディーエスエムエンジニアリングプラスチックの高性能プラスチック材料です。

Xytron™ は極めて高い耐薬品性・寸法安定性を有する他、難燃性と高い靭性を備えています。

Xytron™ の突出した特性は、様々な用途に優れた性質をもたらします。

  • 飲料水グレード
  • フードコンタクト
  • 難燃
  • Drinking Water Contact Grade

燃料電池に関するイノベーション

燃料電池輸送車両の耐用年数の向上

電気自動車と内燃機関の世界を組み合わせた固体高分子形燃料電池(PEMFC)は、従来のICEの利便性を備えつつ、EVの有害排出ガスを出さない運転を提供します。 製造業者は、PEMFCの信頼性を担保し、様々な使用環境で劣化しないことを確認して、商用輸送車両の耐用年数を向上させ、かつ、耐用年数よりもさらに長く使える技術を開発する必要があります。

輸送車両用の長寿命燃料電池の製造

業界のリーダーは、燃料電池システムの発展に大規模な投資を行っています。主に、固体高分子型燃料電池(PEMFC)で、動作温度が低く、起動時間が短く、大気中で作動し、電解質のマネジメントが容易です。 これは、長い耐用年数を維持しながら、長距離移動できるように設計された輸送車両にとって、非常に重要なポイントです。 輸送車両のニーズに最適化されたPEMFCを上市した最初のOEMは、市場で優位性を維持できるでしょう。

水素を動力源とする燃料電池EVは、運輸産業の脱炭素化に貢献

水素は、バス、バン、中型から大型の自動車(フリートやタクシー)など、重量のある長距離輸送セグメントで、大切な役割を果たします。これらの車両は、重量があり、走行距離が長いためです。 DSMは水素燃料電池技術の最前線にあり、水素貯蔵タンクと燃料電池コンポーネントの幅広い研究と開発を行っています。