×

自動車照明フレーム

Arniteはその非常に低いガス放出特性のおかげでヘッドランプフレームに最適です。メルセデスが次世代のアダプティブ・フロント・ライティング・モジュール用にこの素材を選んだのはそのためです。

自動車照明の明るい未来

ABLおよびDBLヘッドランプフレームからベゼル、LEDコンポーネントまで、Arniteは自動車照明にとって非常に効果的であることが証明されています。非常に低いガス放出特性(ランプレンズ上の揮発物の沈着を防止する能力)のおかげで、メルセデスは次世代のアダプティブ・フロント・ライティング・モジュール用にこの素材を選びました。

自動車照明用途向けの次世代素材の開発を模索していた際、DSMは業界をリードする組織Automotive Lighting GMBH Laboratoryと提携しました。その成果がArniteA XL Low Outgassingで、現在「メルセデス・Sクラス」に使用されていま

この新グレードは最大200°Cまでの温度で水分の排出がゼロという最も厳しいアウトガス要件を満たすように最適化されています。その他のメリットには、熱安定性、優れた寸法安定性、そしてエンジンのアイドリング時の共振周波数を制限するのに必要な高度の比剛性が含まれています。

Arniteこれらの特性によって、PPAからポリアミド6および66まで自動車照明用の幅広い競合素材を上回っています。またその用途はランプハウジングに留まりません。Arniteはベゼルや新世代のLEDコンポーネントにも使用されています。

お客様の事例

  • ブレーキブースター・ボディバルブ

    私たちのArniteAは、ブレーキシステムの主要コンポーネントであるブレーキブースターの製造に使用されてきました。過去20年間で3億台を超える車に使用され、記録された不具合はまったくありません。

  • ワイパー

    ArniteTは、リヤワイパー・ハウジングに最適で、生産と組立にかかる時間を短縮するとともに、車両の軽量化に貢献します。ヴァレオが各種フォード車にこの素材を採用しているのはそのためです。

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報