×

ミラー調整ハウジング

ミラー調整ハウジングはArniteXTポリエチレンテレフタレート(PET)を用いて長期使用に耐えるように作られています。

耐久性向上

ミラー調整ハウジングはArnite XTポリエチレンテレフタレート(PET)を用いて長期使用に耐えるように作られています。この熱可塑性プラスチックの高機能ポートフォリオは優れた寸法安定性、耐久性および比類ないバッチ対バッチの一貫性を提供ます。耐久性に優れ、軽量であることが求められる自動車業界のニーズを満たします。

Magna Autecaは同社のMR5レンジのミラー調整ハウジングに関し、この新しい用途の耐久性パフォーマンスを向上するポリブチレンテレフタレート(PBT)の代替品を探していました。

ArniteXTは、検証期間中の1年以上におよぶ集中的な試験を通じて、高い寸法安定性、剛性および強度そして優れた磨耗および摩擦特性によって、すべてのテストにおいてPBT、ポリアミド66(PA66)、ポリフタラミド(PPA)および競合するPET製品を上回るパフォーマンスを示しました。ArniteXTはMagnaのミラー調整ハウジングに最適な素材として選ばれ、アルミニウムによる元々の設計のものよりもその部品を軽くし、かつPBTの代替品よりも高い耐久性を持たせることに貢献しました。

成果:耐久性がより高く、炭素排出量低減にも貢献する部品(軽量であるほど熱量消費も減少します)。

お客様の事例

  • 自動車照明フレーム

    Arniteはその非常に低いガス放出特性のおかげでヘッドランプフレームに最適です。メルセデスが次世代のアダプティブ・フロント・ライティング・モジュール用にこの素材を選んだのはそのためです。

  • ヘッドランプ

    これまで高性能ヘッドランプ用の適切な素材の仕様を定めることは、ガス放出、熱変形、まぶしく光る太陽光などの問題に対処するために高価で重い製品の混合を必要とすることから困難となっていました。

  • ワイパー

    ArniteTは、リヤワイパー・ハウジングに最適で、生産と組立にかかる時間を短縮するとともに、車両の軽量化に貢献します。ヴァレオが各種フォード車にこの素材を採用しているのはそのためです。

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報