×

耐加水分解性のArnite®PBT

耐加水分解性のArnitePBTは高性能ポリマーに対しコスト効果の高い新しい代替肢を提供します。

湿度と高温に曝される用途におけるコスト効果の高いソリューション

継続的使用とエンジン周辺の最高温度が上昇し続けているのに伴い、ポリアミド6および66、標準的なPBTなどの材料は一部の用途にはもはや適さなくなりました。多くの層は、耐加水分解性のPBTをそれらの材料とより高価な特殊ソリューションの間の橋渡しになるものと考えています。PBTは熱安定剤(一部の熱安定剤は金属との接触に伴う腐食問題の原因である)の使用を必要とせず、吸湿性が低く寸法安定性の向上につながることから、自動車のエレクトロニクス用途向けの標準的なポリアミドよりも優れているとみなされています。

ArniteHRグレードは、多くの点で他のPBTよりも優れていますが、最も注目すべきであるのは、USCARのクラス3、4、5の温度/湿度プロファイル曝露と最大3000時間の「85/85」サイクル(85°C/85%相対湿度)後の機械的特性の保持がより高いことです。DSMは今日の業界のニーズだけではなく、将来それらがどのように変化すると予想されるかを考慮しました。新グレードは電気を動力源とする車や自動運転車に向けたトレンドが加速するのに伴いより堅牢なテストと検証基準が導入されることを予測して開発されました。

さらに詳しく見る

データシート

ArniteTV4 261 HR-HS: 30%ガラス強化、耐加水分解性、高速
 

プレスリリース

DSMの新しい耐加水分解性のArnite PBTは高性能ポリマーに対し費用対効果の高い新しい代替肢を提供します。 

DSMエンジニアリングマテリアルズのウェブショップ

DSMの製品とサービスへの年中無休のアクセスを提供しています。今すぐ登録してご活用ください!

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。