×

用途の例

ForTii はレーザーダイレクトストラクチャリング(LDS)に非常に効果的であることが証明されています。一部の例をご覧ください。

LDSの用途の例

同じ小さなスペース内でより大きなメリットと機能性を持つことはエレクトロニクスの課題です。レーザーダイレクトストラクチャリング技術 がそれを可能にします。StanylForTiiは堅牢度の高い性能に加え、高温での高い強度および剛性を兼ね備え、設計者の自由度が高まり設計を凝縮することが可能になります。以下の一例をご覧いただくと、ForTiiがレーザーダイレクトストラクチャリング(LDS)において非常に効果的である理由がお分かりいただけます。

デモンストレーター

私たちのLDSデモンストレーターは文字通りのことを行います。このユニークな技術は、燃焼中のLED含め、成形とレーザー加工からメッキとリフローはんだ付けまですべてを含む3Dエレクトロニクス設計に対するForTiiの完全な適合性を証明します。私たちのデモンストレーターは、E&E機能、熱管理、機械的性能、ビジョン機能性というLDSの4つのすべての主な機能性に対応します。また、ForTiiの加工能力と設計の柔軟性にも対応します。ぜひご覧ください

NXPがForTii®を採用しました

私たちは大手半導体メーカーのNXPとともに、半導体、EMIフィルタリング用のマグネット、ESD保護を統合した世界最小のMEMSパッケージを開発しました。その設計が可能となるのは、LDSと組み合わせてハウジングとそのすべての小さな部品をマイクロ成形してPCBを代替するForTiiの能力であるためにほかなりません。

NXP(旧フィリップス・セミコンダクター)は、消費者、自動車、セキュリティ、RFID、マルチマーケットIC、ディスクリートの各セグメントにわたって半導体の製造を手掛ける世界的なリーダーです。このコンセプトは小型化のレベルを引き上げることに役立つだけでなく、例えば、生産ユニット数が少ない、または単に設計が小さすぎるなど、他のMID技法が高価すぎる用途向けに実行可能な代替肢を提供します。

電子コイル

ForTiiを使用して作られたデュアルヘリカル電子コイルは高温に耐えることができ、PCBのはんだ付けに最適です。統合された機械的機能は、生産を簡素化し、システムコストを削減するのに役立ちます。

LVDSコネクター

ForTiiは電線対基板用コネクターの低電圧差動信号(Low Voltage Differentiator Signalling、LVDS)において非常に効果的であることが証明されています。この材料は、0.4mmピッチと約40の位置を持ち、SMTリフローはんだ付けを使用して反りの発生なしに超平坦なコンポーネントを生産することを可能にします。

さらに詳しく見る


磁石と半導体を一つのコンポーネントに統合することを可能にする新しいパッケージング技術  

                                                                                                                                              


高温LDSアッセンブリーにおける統合機能性:エレクトロニクス分野における付加価値ソリューション  

                                                                                                                                                

DSMエンジニアリングマテリアルズのウェブショップ

DSMの製品とサービスへの年中無休のアクセスを提供しています。今すぐ登録してご活用ください!

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。