×

電気

Stanylは優れた電気特性を備え、世界のすべての基準に適合しています。

電気特性

Stanyl は優れた電気特性を備え、すべての安全規制に適合しています。私たちはE&E用途向けに優れた性能と抜群の長期的性能を兼ね備えるポートフォリオを開発しました。これには複数の高流動グレードも含まれています。

E&E用途向けにStanylを使用する場合、主要機能の一つは電気絶縁です。熱可塑性プラスチックの絶縁力は以下のように複数の方法で表すことができます。

  • バルクを通して、あるいは表面を介して、電流を均一に伝導する。相対的特性:体積抵抗と絶縁耐力
  • 絶縁破壊し、電流を伝導する素材はバルクを通して生成される。相対的特性:ブレークダウン電圧と絶縁耐力
  • 電界、アークおよび/または汚染によって表面が徐々に劣化し、表面に伝導経路が生成される。相対的特性:アーク抵抗、高電圧トラッキング速度、比較トラッキング指数
  • 上記の現象(またはその他の電源)によって発生した熱の生成によって素材が着火する可能性がある。相対的特性:ホットワイヤ着火と高電流アーク着火
  • 金属、絶縁素材、水分、汚染の組み合わせによって特殊な化学物質および物理的劣化プロセスが発生する可能性がある。相対的特性:電解腐食
  • 交流の影響は、散逸係数または損失指数に関連する比誘電率とエネルギーの散逸(温度上昇)に関連する分極(電流損失および電子信号ノイズ)です。

上記の電気特性の正確なレベルは、特定のグレード、温度、水分含量に左右されます。しかし、Stanylは通常、重要な用途向けの実用的な素材として十分に高いレベルでそれらの特性を保持します。

比誘電率

Stanylの高周波数での比誘電率は低く安定しています。このことは今日のITコネクターを設計する上で重要です。水分吸収によって比誘電率が上昇する可能性がありますが、それは一般的に低周波数においてのみ発生するもので、現在または将来のIT機器で通常みられるような高周波数では発生しません(下のグラフ参照)。

低高周波数で低く安定したStanylの比誘電率

その他の特性

  • Stanylは極端な温度下で高い剛性と機械的強度を発揮します。

  • 機械的

    StanylはLCPを超えるウェルドライン強度を備え、亀裂が発生することはありません。

  • 化学的

    Stanylは塩化カルシウムなど自動車に広く使用されている液類のすべてに対する耐性を備えています。

  • 耐湿性

    水分に曝露された場合のStanylの剛性の低下は、他のポリアミドを下回っています。

  • 難燃性

    Stanylは複数の難燃性グレード(ハロゲンフリー、赤リンフリー含む)で提供しています。

  • 耐磨耗性

    Stanylは優れた耐磨耗性と耐摩擦性を備え、ほとんどの条件下で他の大半の熱可塑性プラスチックを上回ります。

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報