×

不可能を現実に

DSMエンジニアリングマテリアルズの科学者とエンジニアは、広範で深い専門知識によって、建設と生産に関わる様々な課題に対する最適なソリューションを見つけ、世界中のお客さまの設計を守ります。

これらの課題は、時に、製品の設計(ダウンサイジングと小型化、小さな許容誤差への対応、強度と剛性の開発、コスト削減、デザインの簡素化など)、製品の性能(劣化防止、騒音、振動、ハーシュネス、磨耗、摩擦、耐熱性の開発など)、製品の生産(加工と成形)、溶接と接着、塗装と印刷など)、コンプライアンス(基準と規則の遵守、電気とエレクトロニクスの安全性実現、ライフサイクルアセスメントの実施など)などに関係します。

設計上の課題がどのようなものであっても、私たちは世界中のお客さまと常に緊密に協力し、不可能を現実のものとする方法を共に見つけられるようサポートします。DSMの年中無休のサイエンスパワーと、技術面での優位性について、さらに詳しい情報をご覧ください。

DSMのエキスパートへのお問い合わせ

私たちの「24/7 EngineerConnect」プラットフォームでは、究極の部品設計を望むエンジニアの皆様が、最適なプラスチックを探し、理解し、見つけることができるほか、私たちの産業エキスパートと直接対話もすることができます。

×

サイエンスが世界を変える

これまでその名を知られていない、一握りの創造性豊かな人々が、サイエンスが単に競争状況を打破するだけではないことを証明します。サイエンスは世界をよりよいものにします。サイエンスにおける私たちの知られざるヒーローたちにお会いください。

サイエンスがどのように役立つかをご覧ください

  • 設計

    次世代製品の高い用休水準を満たす高性能プラスチックの新しいソリューションをご覧ください。

  • ダウンサイジングおよび小型化

    私たちの経済が効率に重点を置くにつれて、産業界は、より薄く、軽く、小さいながらも同等またそれ以上の機能性を備えた製品を開発するようになってきました。

  • 小さな許容誤差

    少ないものでより多くのことを成し遂げることを追及する中で、一部の自動車用途は他に比べてひときわ難しい挑戦です。

  • 強度、剛性、および耐疲労性

    燃費向上に向けて自動車メーカーが引き続き軽量化に重点的に取り組んでいる中、金属部品をプラスチックに置き替えることは依然として重要な課題となっています。

  • コスト削減および簡素化

    プラスチックは金属やゴムよりも軽量のソリューションを提供します。またプラスチックは、複雑な形状の部品の生産を可能にします。つまり、多数のコンポーネントを単一の簡素化された部品に変換することが可能です。

  • 生産

    部品の改良には生産方法の改良も含まれます。生産プロセスそのものの改良をサポートするか、二次的作業を削減または排除するのかにかかわらず、プロセス全体を通してお客様をサポートします。

  • 詳細を見る

    エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。一方、一部の部品は依然として塗装や印刷などの作業を必要とします。

  • 加工および成形

    革新的な部品を設計することはプロセス中の1ステップに過ぎません 部品設計を終え、素材グレードを選択し、ラボでの部品製造に成功したら、商業生産を展開する必要があります。

  • 溶接および接着

    エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品設計は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。

  • コンプライアンス

    部品の製品化の準備には、関連する規制への適合を確実にすることが含まれます。

  • 標準および規制

    部品の製品化の準備が整うと、関連する業界標準と規制への適合を確実にすることも必要になります。

  • 電気エレクトロニクスにおける安全性

    プラスチックがエレクトロニクスと交わる際の重要な懸念は常に安全性です。今日のデジタル化された世界では、それはますます頻繁に意識されるようになってきています。

  • ライフサイクル・アセスメント

    私たちがBright Science、Brighter Livingについて話すとき、私たちが表現する中心的な考えの一つは持続可能性に関する懸念です。私たちがビジネスと環境設計を統合したのはそのためです。

  • 性能

    私たちの高性能プラスチックは、安全性と部品の完全性を確保するために、各用途に対する関連要件をすべて満たす必要があります。

  • 劣化および安定性

    車のボンネット内部は私たちが取り組んでいる環境の中で最も困難なものの一つです。それらの用途に使用される部品は高温、広範な温度域、腐食性化学薬品に曝されます。

  • 騒音、振動、およびハーシュネス

    今日の車は、騒音規制が初めて導入され始めた1970年代の車に比べて90%静かになりました。またOEMは走行体験の向上をますます重視するようになっています。

  • 磨耗および摩擦

    自動車メーカーがより厳しい排ガス規制を満たす努力を続けている中で、エンジンとトランスミッションにおける磨耗と摩擦を低減することが重要な注力領域になっています。

  • 触感および美しさ

    一部のエレクトロニクス用途では、触感と美しさ、つまり外観と感触がプラスチック素材の重要な特性になっています。

  • バリアおよび透過

    低分子量の化合物がプラスチックをどのようにして移動するかを理解することが多くの用途について重要です。

  • 難燃性

    様々なエレクトロニクス部品に使用されているエンジニアリング・プラスチックは、厳しい難燃性要件に適合するとともに、より環境にやさしいソリューションである必要があります

ソリューションの構築に科学的アプローチを採用

金属から置き換えるケースであっても、また、より強力、安全、かつ高効率のソリューションの開発であっても、私たちの専門チームはお客様と緊密に連携し、新しい部品開発とコンポーネント開発のすべてのプロセスを精査します。私たちの体系的なアプローチは、デザインや素材の性能から生産、コンプライアンスにいたるまで、プロセスにおけるすべての段階を網羅します。

  • 設計

    設計

    次世代製品の高い用休水準を満たす高性能プラスチックの新しいソリューションをご覧ください。

  • 性能

    性能

    私たちの高性能プラスチックは、安全性と部品の完全性を確保するために、各用途に対する関連要件をすべて満たす必要があります。

  • 生産

    生産

    部品の改良には生産方法の改良も含まれます。生産プロセスそのものの改良をサポートするか、二次的作業を削減または排除するのかにかかわらず、プロセス全体を通してお客様をサポートします。

  • コンプライアンス

    コンプライアンス

    部品の製品化の準備には、関連する規制への適合を確実にすることが含まれます。

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。