×

性能

私たちの高性能プラスチックは、安全性と部品の完全性を確保するために、各用途に対する関連要件をすべて満たす必要があります。

関連要件をすべて満たす

私たちの高性能プラスチックは、安全性と部品の完全性を確保するために、各用途に対する関連要件をすべて満たす必要があります。これには短期的および長期的な高温、湿度、化学物質への曝露、機械的荷重または摩耗荷重に対する耐性、あるいは着火防止などが含まれます。

私たちのチームは以下の領域における専門知識を持っています。

  • 5,000時間にわたって最大230°Cに耐えることができる高熱グレードの開発など、高い連続使用温度に曝される部品のヒート・エージング耐性を確保するための劣化および安定性
  • オイルサンプ開発などの部品設計、またはCVJブーツで実証されているようなスマート素材ソリューションのいずれかによる騒音、振動、ハーシュネス
  • 素材グレードの最適化など、長期間にわたって摩耗荷重や摩擦に曝される部品の耐磨耗性・耐摩擦性
  • ソフトな感触と魅力的な外観を備える素材向けの触感と美しさ
  • プラスチック表面での低分子種の移動を低減するバリア特性、あるいは逆に特定の低分子種に高度の透過性を持たせる素材設計(たとえば水の透過性、「通気性のある」素材の開発)
  • 多くの製品におけるハロゲンフリーの難燃性素材グレードなど、プラスチックの難燃性メカニズムに関する完全な理解をベースとする、火炎や火災に曝される部品の安全性を確保するための難燃性

私たちはお客様と緊密に協力し、すぐれた専門知識を適用することで、お客様のニーズに対し最高の素材を用いた最適な部品設計を開発することを支援しています。お客様の次の大きな課題において、私たちがどのようにサポートできるのか、ぜひお問い合わせください。

性能についてもっと見る

  • 劣化および安定性

    車のボンネット内部は私たちが取り組んでいる環境の中で最も困難なものの一つです。それらの用途に使用される部品は高温、広範な温度域、腐食性化学薬品に曝されます。

  • 騒音、振動、およびハーシュネス

    今日の車は、騒音規制が初めて導入され始めた1970年代の車に比べて90%静かになりました。またOEMは走行体験の向上をますます重視するようになっています。

  • 磨耗および摩擦

    自動車メーカーがより厳しい排ガス規制を満たす努力を続けている中で、エンジンとトランスミッションにおける磨耗と摩擦を低減することが重要な注力領域になっています。

  • 触感および美しさ

    一部のエレクトロニクス用途では、触感と美しさ、つまり外観と感触がプラスチック素材の重要な特性になっています。

  • バリアおよび透過

    低分子量の化合物がプラスチックをどのようにして移動するかを理解することが多くの用途について重要です。

  • 難燃性

    様々なエレクトロニクス部品に使用されているエンジニアリング・プラスチックは、厳しい難燃性要件に適合するとともに、より環境にやさしいソリューションである必要があります

マンスリーニュースレターを購読する

以下にEメールアドレスを入力いただきますと、プラスチック、新製品、イベントに関する最新のニュースをEメールでお届けします。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報