DSM、「2014 Europe Frost & Sullivan Award for Customer Value Leadership」を受賞

DSM、「2014 Europe Frost & Sullivan Award for Customer Value Leadership」を受賞

Tokyo, JP, 16 10 2014 04:00 CEST

電動パワーステアリングシステムの軽量化で業界の新基準を確立し、顧客価値を向上

ライフサイエンスとマテリアルサイエンスのグローバル企業であるDSM社(以下 DSM)は、Frost & Sullivan社(以下 F&S社)が主催する「Frost & Sullivan Best Practices Awards」にて、「2014 Europe Frost & Sullivan Award for Customer Value Leadership」を受賞しました。同賞は、顧客価値向上に戦略的に取り組み、高い費用対効果が見込める製品・サービスを提供した企業を表彰するものです。

受賞対象は、高機能樹脂を用いた金属代替による電動パワーステアリングシステム(EPS)の軽量化です。燃費向上と二酸化炭素排出量の抑制により、システムサプライヤをはじめとする自動車メーカーのカーボンフットプリント削減に貢献していることが顧客価値向上にあたると認定されました。さらに、この軽量化が自動車業界における新基準となり、同業界の発展を後押しするとの評価を受けました。

DSMでは、電動パワーステアリング(EPS)のギヤやフレックスカプラー、ギヤボックス等の素材として高機能樹脂をシステムサプライヤに供給しており、部品の軽量化と性能向上に貢献しています。フレックスカプラーにはStanyl®ポリアミド46を用い、金属製と比べて17%軽量化し、さらに騒音や振動を低減しています。また、ギヤボックスではArnite® PETを適用し、従来のアルミダイカスト製と比べて最大50%の軽量化を実現するとともに、加工プロセスの削減で30%のコスト制限が見込まれます。

他にも、優れた耐摩耗性や耐久性、そして耐熱性を有する植物由来の高機能樹脂EcoPaXX™ポリアミド410をウォームギヤへ適用すれば、従来のポリアミドに比べ、40%もの二酸化炭素排出量の削減効果が期待できます。

これらの部品の樹脂化は、DSMが開発した様々な解析システムを用いながら、自動車メーカーやシステムサプライヤと密接な研究開発を行って実現したものです。DSMでは、今後も、日系メーカーに対し、横浜の研究拠点を起点として自動車部品の樹脂化推進を支援していくことで、顧客価値の向上に努めていきます。

DSM – Bright Science. Brighter Living.™

DSM社は、科学をベースとして健康、栄養、材料分野で活躍しているグローバル企業です。ライフ   サイエンスとマテリアルサイエンスにおける独自の技術を組み合わせることで、経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造 します。また、DSMは食品や栄養補助食品、パーソナルケア、飼料、ファーマシューティカルズ、医療機器、自動車、塗料、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、バイオ素材などの    グローバル市場において、顧客企業の業績向上・維持に貢献できる革新的なソリューションを提供します。年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、NYSE Euronextに上場しており、社員数は24,500名です。詳細については www.dsm.com をご覧ください。

* 本リリースは2014年6月4日にDSM社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。

将来予測に基づく記述

本プレスリリースには、将来予測に基づく記述が含まれています。これらの記述はDSM経営陣による現時点での期待、推定、予測、および現時点で当社が入手可能な情報に基づいています。これらの記述には、予測が困難な特定のリスクと不確実性が含まれることから、DSMはその予測の実現については保証しません。また、DSMは本プレスリリースに含まれる記述を更新する義務を負いません。

プレスリリース

お問い合わせ

詳細について:

ディー・エス・エム ジャパン株式会社
大木
+81 3 5472 1866
Nahoko.Ohki@dsm.com >

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報