CBI Japan 開催

健康長寿社会の実現に向けて、世界展開するDSM が“イノベーションパートナー”を日本で公募

CBI Japan 開催

Tokyo, JP, 18 8 2015 09:00 CEST

健康長寿社会の実現に向けて、世界展開するDSM が“イノベーションパートナー”を日本で公募

  • 健康機能性素材、素材加工技術、予防医療のための診断技術やビジネスモデルまで幅広く募集。
  • ビタミンシェア世界No1.のDSMが、栄養素の知見を用いて研究推進や企業成長をサポートし、将来的には、世界55ヶ国以上での事業拠点を活用して世界に展開。
  • 共同研究からベンチャー投資までDSM オープン・イノベーション・プログラムが事業化サポート。

ライフサイエンスとマテリアルサイエンスのグローバル企業であるDSM社では、ライフサイエンス分野のオープンイノベーションに参加する企業・研究組織を募集するプログラム『Connecting Bright Innovations in Japan(CBI Japan)』を開催します。募集の対象は、独自の「健康機能性素材」、アプリケーション適性を向上させる素材加工技術や予防医療のための診断技術などの「科学技術」、パーソナライズド・ニュートリション(個々の健康状態に合わせた栄養摂取や健康管理指導)に関する独創的な「ビジネスプラン」を持った企業や社内ベンチャー、研究組織です。簡単な書類選考(締切2015年9月29日)の後に、二次審査(10月末)、 プレゼン形式の最終審査(12月初旬)を行い“イノベーションパートナー”を選定します。

“イノベーションパートナー”には、DSMのオープンイノベーション・プログラムに参加していただき、共同研究、事業提携、ライセンス譲渡・取得、事業分割、M&A等、ビジネスプランに応じて最適なパートナー契約を提案します。ベンチャー投資は、欧米でインキュベーション実績があるグループ会社DSMベンチャリング社が手掛け、また、ビタミン供給において世界で最も歴史があり世界シェアNo.1のDSMが、長年蓄積したライフサイエンスの知見を基に研究推進や企業成長をサポートします。将来的には、DSMの市場情報やマーケティングのノウハウ、世界で55ヶ国以上の海外生産・販売網を活用して、世界的な事業展開を目指します。

2012年にスタートしたCBIは、オープンイノベーションの活性化を目的に、ヨーロッパ、アメリカ、中国で開催して きました。日本では、2012、13年とオープンイノベーションを啓発する『オープン・イノベーション ジャパン シンポ ジウム』を開催しており、機能性表示制度のスタートなどによる健康産業の活性化の流れを受けて、初めて日本でCBIを実施することになりました。CBI Japanの開催により日本でのオープンイノベーションに本格的に着手し、日本の健康産業の更なる発展や、世界に展開する日本発のビジネス創出を目指します。

<参考資料>

DSM – Bright Science. Brighter Living.™

DSM社は、科学をベースとして健康、栄養、材料分野で活躍しているグローバル企業です。ライフサイエンスとマテリアルサイエンスにおける独自の技術を組み合わせることで、経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。また、DSMは、食品や栄養補助食品、パーソナルケア、飼料、医療機器、自動車、塗装、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、バイオベース素材  などのグローバル市場において、顧客企業の業績向上・維持に貢献できる革新的なソリューションを提供します。DSMおよびその関係会社の年間純売上高はおよそ100億ユーロ、従業員数は25,000名で、NYSE Amsterdamに上場しています。

詳細についてはwww.dsm.comをご覧ください。

プレスリリース

お問い合わせ

詳細について:

ディー・エス・エム ジャパン株式会社
大木
+81 3 5472 1866
Nahoko.Ohki@dsm.com >

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報