DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

構造部向けPA66の不足への対応

2018年 9月 30日
  • Rob Crowell(ロブ・クローウェル)DSMエンジニアリング・プラスチックス、チーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)

先んじた計画と代替素材による対応

現在の市場状況においては、ポリアミド66(PA66)のサプライチェーンに圧力がかかっています。軽量車両の開発とコネクティビティ革命の推進による需要の急騰に伴い供給が集中し、世界的な需要に確実に対応することが難しくなっています。

この構造的な不均衡を解決するには、数年を要すると予想されます。2018年1月と2月には、米国とEUにおいて7件のフォースマジュールが宣言されました。それだけで問題全てを示すことはできませんが、供給体制に極度の構造的な脆弱性があることは明らかです。[1] 現在の不足においてPA66生産の制限要因となっているのは、成分の一つであるアジポニトリル(ADN)を大量に生産できる工場が4つしかない(米国3工場、フランス1工場)ことです。ここ数年の供給状況が厳しいことに加え、市場が平衡状態にある中で、現在の総生産能力とこれらの工場での集中生産は、安定した供給には不十分といえます。

深刻な影響

生産能力拡張に向けた最近の投資発表は、現在の状況では末端顧客を支えられないことに生産者が気づいたという好ましい兆候を示していますが、Butachimie(SolvayとInvistaによる生産合弁)、Invista、Ascendが発表した改修策とボトルネック解消策では不十分で、早くても2021年まで市場需要を満たすことができません。一方、製品にPA66を採用している部品メーカーは、高いコストを払って供給ニーズを満足させなければならない状況にありますが、それでも十分な量のPA66を確保できるかどうかはわかりません。当社では、PA66の需要が 少なくとも 100kTもしくはそれ以上供給を上回り、PA66の顧客の一部は、価格に関わらずPA66が手に入らないために、代替素材の検討を余儀なくされることになると予想しています。さらに、この速度で需要が増加し続けた場合、今後数年間でそのギャップは300kTにのぼる可能性があります。

DSMはスマートな代替素材によって、優位なポジションにあります

幅広い業界にまたがる部品メーカーは、上昇するコストとPA66の不足に伴い、生産義務をどのように果たすかを検討しています。DSMの素材ポートフォリオには、用途のニーズを満たしながら比較的容易にPA66から置き換えられる多数のポリマーがあります。

Akulonポリアミド6(PA6): PA6は、PA66とほぼ同等の剛性と強度を持ち、最大200℃まで靱性、加工性、耐熱老化性に優れた性能を発揮します。熱気に曝される部品(吸気マニホールド、エアダクトなど)、オイルに曝される部品(オイルパン、オイルフィルター)、表面外観の要件が厳しい部品(ペダル、ドアハンドル、電動工具ハウジングなど)といった用途に最適な材料です。

EcoPaXXポリアミド410(PA410): PA410は、高性能の植物由来のポリアミドで、水やグリコールに曝される部品(自動車の熱管理用など)用途に最適です。水分吸収性が低く、耐薬品性に優れているほか、結晶化率が高く加工を高速かつ容易に行え、融点は最大250℃と、すべての植物由来のポリアミドの中で最高であることが立証されています。

Stanylポリアミド46(PA46): PA46は、最大290℃までの高度な剛性保持、優れた耐磨耗性と耐摩擦性、高温での低摩擦性が特長で、磨耗と摩擦に曝される部品(ギアやチェーン・テンショナーなど)、熱気中で厳しい荷重に曝される部品(チャージドエアダクトなど)、オイル中で厳しい荷重に曝される部品(エンジン、トランスミッション部品など)に最適です。

Arniteポリブチレンテレフタレート(PBT): PBTは優れた電気特性、良好な寸法安定性、高度な比剛性を持ち、最大200℃までの温度で最も厳しいガス放出要件を満たすように最適化された複数のグレードを用意しています。最大温度は200℃未満の電気と照明のアプリケーション(コネクター、照明フレームベゼル、LED部品など)に最適です。

DSMはPA66の不足を早くから 予想 し、設計能力、供給安定性の両面でスマートな代替素材によって、優位なポジションにあります。お客様の用途に適した実績のある素材によって、どのように生産義務を果たせるのかを話し合うため、今すぐ当社にご連絡ください。お客様のアプリケーションに最適な代替素材の特定、移行について、当社のエンジニアがサポートいたします。

[1] Nylon Intermediates and Fibres global Monthly Market Overview-2018年2月、PCI Wood Mackenzie

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x