DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

インドの新しい自動車排ガス基準への対応

2018年 9月 18日
  • Anand DiwanjiDSMエンジニアリング・プラスチックス-ビジネス・ディレクター、インド

各国の政府は気候変動とその影響への対策として、排ガス規制を強化しています。デリー、そしてデリー首都圏といった、大気汚染が最も深刻な都市を多く抱えるインドは、国家グリーン審判所がきれいな空気は基本的権利であると宣言したため、空気の質を改善する積極的な行動を取る必要に迫られています。

インドの自動車界は世界でも有数の規模ですが、現在は変化のただ中にあります。政情の安定、新しい規制、消費者の期待の高まり、そしてより多くの競争に伴い、インドにおける自動車メーカーとサプライヤーの事業のあり方も変化しています。車両の浸透率は先進国に比べると依然として低いため、世界的な自動車メーカーにとっては魅力的な市場です。このため、すぐにでも厳しい排ガス規制を導入することが不可欠です。

2000年にインド政府が初めて導入したBharat Stage排ガス基準(BSES)は、自動車を含む内燃機関・火花点火エンジンからの大気汚染物質の排出を制御するための、欧州の規制に基づいたものです。初期のロードマップでは、2017年4月までにBharat Stage (BS) IV、2020/2021年にBS V、そして2024年以降BS VIへと排ガス規制をインド全土において段階的に実施する方針が示されていました。しかし、大気汚染レベルが急上昇したことを受け、インド政府はBS V規制を飛ばし、2020年にBS VIを導入することを決定しました。

OEMと部品サプライヤーは、政府が定めた厳しい燃費目標を達成するためにたゆまぬ努力を続け、そこで新たな技術的問題に直面しています。軽量部品の開発は、それらを製造するための使用材料に、より大きな要求を課します。新しい材料での機能性の再現、加えて多くの場合、多様な機能の1部品への統合が設計者に強く求められるようになります。そして、生産プロセスも根本的に変化します。

また、軽量部品の開発にあたっては、課題をチャンスとみなし、イノベーションを推進するパートナーが必要です。新材料や技術開発において重要であるべきは、お客様の要件です。自動車業界がより軽量で燃料効率に優れた車両の開発を強く重視する中、安全性に妥協のない、しかしより軽量な部品の開発において革新的材料が重要な役割を果たします。

当社のAkulon®ポリアミド6(PA6)のようなエンジニアリング・プラスチックは、1億2,000万台を超える車両のエアバッグ・コンテナーに使用されてきました。1件の不具合もない20年間の実績を持つこの材料の業界への貢献により、20個の作動部品を含む重さ3.2kgの金属製エアバッグ・コンテナーから、作動部品がわずか5個、重さ1.0kgのAkulon®製のコンテナーへと進化しました。Arnite®のようなエンジニアリング・プラスチックは、1件の不具合もなく3億台の車両 のブレーキブースター・バルブに使用されています。またStanyl®などの先進材料は、臨界エンジン速度範囲内でタイミング・チェーン・システムの摩擦トルクを10%減少しますが、これは0.4km/Lを超える燃料効率の向上に相当します。

業界が次に目標とすることには、電動パワー・ステアリング(EPS)システムの金属の代替が挙げられます。当社が発明し、他の多数のプラスチックサプライヤーにもライセンス供与しているDiablo技術は、高い連続使用温度に曝される部品向けにクラス最高の熱安定性を提供します。また当社の新しいForTii®Ace製品は、耐薬品性に優れ、最大150℃までの高度でリニアな機械的性能を提供するもので、クロスビーム・ブリッジ、オイルパン、長いエンジンマウント、および様々なトランスミッション部品など、従来困難だとされてきた用途で金属からの置き換えを狙いとしています。世界中のR&Dチームは、ドアハンドルなどの外装用途に、3,000時間を超える最も厳しいUV曝露テストに合格する材料を開発しています。今日、すべての車両に先進エンジニアリング・プラスチック素材が含まれ、車の87%にはDSMが開発した素材が含まれています。

厳しい排ガス目標の達成に取り組む自動車メーカーにとって、CO2の削減はどれほど微量であっても極めて重要です。すべての用途に対する適切なソリューションを共同開発できるよう、お客様の素材パートナーが、販売する全ての材料についてR&D、デザインと設計チームによる全面的なサポートを提供することをお確かめください。自動車に関する最も困難な問題について、当社がどのように協力できるのか、今すぐお問い合わせください。

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x