DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

性能+サステナビリティ:漁網から高性能素材へ

2018年 12月 3日
  • Nileshkumar Kukalyekar(ニーレシュクマー・クカルイェカー)博士アジア太平洋担当プロダクトマネージャー

プラスチックの循環性は、世界の海洋におけるプラスチックの量を減らす上で重要な役割を果たします。国連環境計画(UNEP)によると、毎年800万トン以上のプラスチックが海洋に到達し、野生生物、漁業、観光などの海洋生態系を破壊しています。廃棄された漁網は約64万トンにのぼり、海にあるすべてのプラスチック廃棄物の10%近くを占めています。

スターボード社がフィン、フィンボックス、SUPポンプ、およびサーフボードのその他の構造部品にAkulon RePurposedを使えないかと私たちに相談してきた際、同社は、高性能でありながら循環型経済に貢献する素材を必要としていました。1994年の創業以来、スターボード社は20年以上にわたってウインドサーフィンとパドルボーディングのトップブランドの地位を維持しています。このブランドは、世界の中で最高であることだけではなく、世界のために最高であることを目標としています。スターボードの用途には、軽量、頑丈、そして耐久性のある素材が必要です。このブランドの製品は水、塩水、砂、太陽に頻繁に曝されます。また、使用済み素材で構成される原料から作る必要があります。

AkulonRePurposedはアップサイクルされた漁網でできています。「RePurposed」すなわち「新たな役割を与えられた」私たちの素材グレードが最高の品質を備えていることを保証するため、私たちはサプライヤーと緊密に協力し、製品になるすべての工程で品質保証と安全性確認、そして最善の方法を採用すべく取り組んできました。漁網は沿岸地域で回収され、検査によって私たちの原料として必要な要件を満たしていることが確認されています。このプログラムはインドに限られていますが、現在、毎月トラック125台分を超える漁網が生産拠点に搬入されています。搬入された漁網はその後汚染除去し、洗浄のために小片に切断します。この材料をさらに細かく細断した上、高圧洗浄し、乾燥させます。これらのプロセスは、数年間にわたるサプライヤーとの協力で開発したものです。

押出成形で材料をペレット化した後、サプライヤーの社内ラボで品質検査が行われ、DSMに移送される前に合意した品質基準を満たしていることが確認されています。材料が私たちの施設に戻り次第、素材要件を満たす配合グレードを作成します。

スターボードの 「Net Positive」というフィンに使用されているAkulonRePurposedグレードは、複数の用途に適した完全リサイクル製品でありながら、バージンマテリアルにほぼ匹敵する性能を備えています。このプログラムでは、毎月250メートルトン、つまり毎年3,000メートルトンを超える漁網をアップサイクルしています。ビーチや沿岸地域から回収した廃棄漁網を原料とし、この素材は100%持続可能な供給が保証されています。同プログラムでは現在、300人を超える従業員が調達、分離、洗浄から押出、品質検査、梱包、出荷にいたる全体のプロセスに取り組んでいます。 

専門のサプライヤーと提携して機器を調達し、循環プロセスを構築することで、性能に妥協することなく、持続可能性に優れた製品をお届けしています。

AkulonRePurposedの詳細につきましては、当社ウェブサイトをご覧ください。またこちらでは 素材特性 とデータシートを確認・比較いただけます。 

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x