DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

自動車分野におけるDSM

私たちの革新的な高性能プラスチックは、自動車分野の様々な技術的課題に対応するよう開発されています。私たちの産業エキスパート、科学者、エンジニアが、どのようにしてお客さまと協力しながら次世代のソリューションを開発しているかをご覧ください。

排気

排気用高性能プラスチック

ターボ排気リゾネーターのコストおよび重量を減らしたいですか? 私たちの自動車用プラスチックシリーズは高温および高圧でのパフォーマンスが証明されています。

ターボリゾネーターは260°Cまでの最高温度で稼働できます。ターボ排気用Diabloシリーズの最も大きな利点は、ウェルドラインの強度と、経年後もウェルドラインの強度(機械的パフォーマンス)を維持する能力です。これに加えて著しい軽量化が可能です。

私たちの自動車用プラスチックは、ターボ排気分野において、金属および他のプラスチックに比べて、お客さまに大きな利益を提供します。金属の代替として、StanylおよびStanylDiabloは40%軽量であり、熱量消費およびCO2排出量を低減します(世界中の規制が厳しくなる中、産業にとって重要な課題です)。さらに加工の向上と機能の統合によって、お客さまのターボリゾネーターのシステムコストを20%まで低減させるお手伝いをします。

PPSの代替の場合は、Stanylによって薄い壁厚にできるコンポーネント設計を通じて、10%の軽量化の実現をお手伝いします。

私たちのソリューションを見る

EGR sensor

Automotive | Auto Electronics & Electricals | ECUs, Inverters

ForTii® PA4T and Stanyl® PA46 allow for reliable solutions due to their high melting point of 325 and 295 °C resulting in no deformation at very high sensor tip temperatures and to their resistance to erosion from contamination in the exhaust stream; ForTii® PA4T and Stanyl® PA4 allow for cost effective solutions versus PEEK, LCP or other PPA

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x