DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

機械的

Arnite は優れた機械特性を備えています。高温でも剛性とクリープ特性に優れた強い製品です。またこの材料は耐久性が非常に高く、磨耗損失および摩擦係数が非常に低いことも特長です。

機械的

機械的驚異

Arnite は優れた機械特性を備えています。高温でも剛性とクリープ特性に優れた強い製品です。またこの材料は耐久性が非常に高く、磨耗損失および摩擦係数が非常に低いことも特長です。

 

Infographic mechanical performance Arnite T Arnite A and PA6

強度/剛性

ガラス強化Arniteは優れた強度と剛性を備えています。この材料はその高強度により、ブレーキブースターバルブボディなど精密な公差を必要とする要求の厳しい用途に最適です。

ArniteA GF50は周囲条件で最高の強度と剛性を発揮し、水分の影響を全く受けません。

最大の衝撃強度は多大な頑強性を必要とする用途に最適なであり、私たちでは耐衝撃性を改善したArniteグレードのほか、耐ノッチ衝撃強度を大幅に向上したガラス強化グレード(ArniteA、ArniteTとも)を提供しています。

strength vs stiffness

耐クリープ性と耐久性

耐クリープ性(荷重下での変形が少ない)は、プラスチックが持続的なストレス下で形状を維持する能力であり、重要な機械的特性です。Arniteはこの特性を十分に満足し、金属部品の代替となり得る様々な自動車用途に適しています。

Creep resistance

耐疲労性

一般的に、ジオメトリー、残余応力、腐食特性、内部欠陥、温度、環境は部品の疲労寿命を低下する可能性があります。ArniteAは温度特性に優れ、サイクル負荷に耐えることができます。

ArniteAV2 390 XT は幅広い温度範囲にわたって優れた疲労性能を示しています。

Fatigue Arnite

またArniteTとArniteAはともに良好な耐摩耗性損失、低摩擦係数を持ち、滑り力が関与する用途に最適です。実際、ArniteTが他の熱可塑性プラスチックに比べ抜きんでているのは、他の材料への摩擦接触に対するポリエステルの優れた摩擦反応です。

PA6とArniteTを比較したリアルタイムの摩擦測定によって、優れた摩擦一貫性が示されています。ArniteTはスムーズな作動と全体的に低い摩擦力を必要とする用途に最適です。一方ArniteAは、静的な摩擦係数が動的のものと同等に低いことが求められる場合など、厳しい磨耗要件が重要とされる様々な用途に使用されています。

その他の特性

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x