DSMエンジニアリングマテリアルズ

ja_JP

鉛を使用しない選択肢

鉛ベースの製品は明らかに姿を消しつつあります。現状鉛が禁止されていないセグメントにおいてさえ、それは避けられません。

鉛を使用しない選択肢

鉛を使用しない素材で先導

鉛ベースの製品は明らかに姿を消しつつあります。現状鉛が禁止されていないセグメントにおいてさえ、それは避けられません。ForTii 、そして特に鉛を使用しないリフローはんだ付けプロセスの極度の高温に耐えるその能力をご確認ください。

鉛なしのはんだ付けは はんだペーストの溶融温度が高く、電子ユニットのはんだ付けにおける加工温度も高くなります。ForTiiは表面実装プロセスのリフローはんだ付けにおける最大260°Cの極度の条件において性能を発揮します。

成果:不適切なはんだ接合による反りやブリスターの排除。 ForTiiはその優れた機械的特性によって、長いコネクター(DDR4)またはフラットコネクター(メモリーカード)も含め極度の高温での高温はんだ付けに最適です。

ブリスターの発生なし

私たちはForTiiのF11グレードに対し、数百個のコネクターボックスの能力を試すことにより、従来使用されている部品に対するベンチマークとなっている一連の厳しいブリスターに関するテストを実施しました。
コネクターボックスの厚さは様々(0.8mm~1.6mm)で、素材を260°Cで3回リフローしました。成果:ForTiiにはリフローはんだ付け時にブリスターが発生しませんでした。またその他のすべてのハロゲンフリーポリアミドを上回りました。

ForTiiは常にJEDEC 2等級を満たし、保護なしで1年間の保存期間が認められています。またF11グレードは、ほとんどのケース(用途によります)でJEDEC 1を満たし、無期限の保存期間が認められています。

プラスチック・ファインダーで検索

お客様の製品に最適なプラスチックを見つけてください。すべての製品、用途、仕様などから検索します。

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x