DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

長い歴史

DSMは1902年、オランダ南部のリンブルフ州の埋蔵石炭を採掘することを目的に、オランダ政府によって設立されました。今日まで設立当時の名称であるNederlandse Staatsmijnenの英訳(Dutch State Mines)を使用しており、この名は当社の遺産と1世紀にわたって成し遂げたことを象徴しています。

長い歴史

変革の進化

DSMは1902年、オランダ南部のリンブルフ州の埋蔵石炭を採掘することを目的に、オランダ政府によって設立されました。今日まで設立当時の名称であるNederlandse Staatsmijnenの英訳(Dutch State Mines)を使用しており、この名は当社の遺産と1世紀にわたって成し遂げたことを象徴しています。

当社は長年をかけて、オランダの炭鉱企業から健康、栄養、材料分野を柱とする科学ベースの企業に転換しました。

実際には、DSMの多角化は1919年にコークス炉ガスを利用した肥料事業に参入したことから始まりました。1945年以後、バルク・ケミカルと石油化学製品への多角化が加速され、1973年に最後の鉱山が閉鎖されたときにはDSMは化学企業となっていました。

会社が完全に民営化された1990年代からは、汎用化学製品事業のほぼすべてを売却し、パフォーマンスを育み、守り、そして向上させる革新的なソリューションを提供する科学ベースのグローバル企業へと再度変化を遂げました。

2017年

  • サーモ・フィッシャー・サイエンティフィックがパセオンの買収を完了。パセオンはDSMが約4,870万の普通株式を保有し、約20億ユーロの総売上を実現しました。

2016年

  • Dow Jones Sustainability World Index Materials Sectorのリーダーに選定。DSMは、13年連続でグローバル・リーダーの1社に選定され、また通算7回にわたってナンバー1に選定されています。

2015年

  • 世界的な栄養失調と闘うため、WFP(国際連合世界食糧計画)とのパートナーシップを再確認。
  • 「Strategy 2018: Driving Profitable Growth」を発表。有機的な売上高の成長とコスト削減、資本配分の厳格化に重点を置き、ポートフォリオの可能性を最大限に引き出し、財務結果を向上することを目指します。
  • DSMのポートフォリオの一層の強化に向けた決定的な一歩として、ポリマー中間体とコンポジットレジンに係るパートナーシップ、ChemicaInvest(ケミカルインベスト)設立についてCVCキャピタル・パートナーズと最終合意。

2014年

  • Royal DSMとPOET, LLCによる合弁会社、POET-DSM Advanced Biofuels, LLCが米国でセルロース系エタノールを商業生産する初のプラントを稼働。
  • Royal DSMとJLL Partnersが合弁会社、DPx Holdings(現パセオン)を設立。パセオンをDSMの医薬品事業に統合。

2013年

  • 動物の栄養と健康のための有機トレースミネラルのブラジル市場のリーダー、Tortugaを買収。

2012年

  • Fortitechを買収。ヒューマンニュートリション事業を強化し、食品成分ブレンド分野の全ソリューションを提供へ。
  • Ocean Nutrition Canadaを買収し、栄養脂質の成長プラットフォームを拡大。
  • ケンジーナッシュを買収し、生体医療事業を強化。

2011年

  • シノケム・グループと抗感染症薬の合弁会社、DSMシノケム・ファーマシューティカルズを設立。
  • Martekを買収し、多価不飽和脂肪酸(PUFA)を専門とする新しい栄養成長プラットフォームを追加。
  • 新ブランドスローガンをBright Science. Brighter Living.™とする。

 

 

 

 

2010年

  • DSMエラストマーズ売却により事業売却プログラムを完了。DSMはこれに先立ち、DSM Agro、DSM Melamine、Citric Acid、Stamicarbon、ならびにエネルギー関連事業の売却を完了しました。

2009年

  • DSM China Campusを開所。中国におけるサステナブルな開発とともに新たな時代に。

2007年

  • 世界各地の飢えに苦しむ人々に最大規模の食糧支援を行っている国連WFPとグローバル・パートナーシップを締結。

2005年

  • 塗料、コーティング、接着剤、インク用の特殊な水性アクリル/ポリウレタン樹脂の世界的な技術リーダーであるNeoResinsを買収。

2003年

  • DSMによるRoche Vitamins & Fine Chemicalsの買収を米国連邦取引委員会が承認。現在では、DSMニュートリショナル・プロダクツに名称を改め、飼料、食品、医薬品、パーソナルケア業界にビタミン、カロテノイド、その他の成分を提供する世界有数のサプライヤーとなりました。

2002年

  • DSM PetrochemicalsをSABICに売却。

1998年

  • 発酵剤と酵素分野の中核技術を持つGist-brocadesを買収。

1990年

  • Stanyl®の生産を開始。
  • Dyneema®生産に向けた初のプラントを建設。

 

 

 

 

1989年

  • 株式市場に上場。

1983年

  • DSM Resins設立。

1973年

  • 最後の炭鉱を閉鎖。

1959年

  • ポリエチレンの生産を開始。

1952年

  • カプロラクタムの生産を開始。

1939年

  • The Central Laboratoryを開所。

1930年

  • 初の肥料生産を開始。

1919年

  • Emma コークス炉での生産開始によりDSMのケミカル事業が開始。

1906年

  • 石炭の生産を開始。

1902年

  • Dutch State Mines設立。

DSMについてもっと見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x