DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

自動車分野におけるDSM

私たちの革新的な高性能プラスチックは、自動車分野の様々な技術的課題に対応するよう開発されています。私たちの産業エキスパート、科学者、エンジニアが、どのようにしてお客さまと協力しながら次世代のソリューションを開発しているかをご覧ください。

等速ジョイント

等速ジョイント用高性能プラスチック

等速ジョイント(CVJ)ブーツは車のドライバーシャフトシステムに必要不可欠な部品で、車のホイールにパワーを伝達します。搭載された等速ジョイントブーツは厳しい稼働条件に耐えなければならず、それがArnitel®TPCがCRゴムの代替として理想とされる理由です。これによって重量、コストおよび炭素排出量を30%まで削減することができます。等速ジョイントブーツの表面は、-45 °C から 140 °Cの温度範囲で、石、塩、ほこり、水および油の上を走行しながら極度の回転角度に耐える必要があります。ブーツに穴が開いており油が漏れると悲惨な結果となるおそれがあり、15万キロ走行が保証されるパフォーマンスの強度で耐久性のある素材が必要となります。Arnitel®

外部搭載された等速ジョイントブーツは、既に従来のCRゴムからTPCへの変換を迎えています。現在では内部搭載の等速ジョイントブーツ(エンジンに近い)の時代です。そして私たちのソリューションは非常に強度で柔軟な熱可塑性プラスチックArnitel®TPCです。

ブーツはより小型化しています。数年前のTPCブーツの重量の平均は70グラムでしたが、現在では40グラム以下となっています。一方、一般的なCRブーツの重量は100グラムから120グラムです。Arnitel®によって設計者は、新しいコンパクトなブーツの仕様を満たすことができ、様々なメリットを享受できます。

60グラムのArnitel®ブーツは、100グラムのCRブートに比べて40%軽量で15%コストが低くなります。さらに耐久性は3倍長くなります。

Arnitel®ブーツによって30%良好な熱耐性、2倍の穿刺耐性および10倍のオゾン耐性を得ることができます。さらに製造速度がより速く、ハザードフリーで塩素処理は不要です。

私たちのソリューションはまた、よりサステナブルです。より軽量化すると熱量消費が低下し、炭素排出量が低下します。事実ブートにCRゴムの替わりにArnitel®を使用すると30%の炭素排出量の削減を実現します。

将来的にArnitel®は、等速ジョイントブートの複数の成長傾向にある分野に貢献できることでしょう。素材の耐熱性は、耐熱シールドがもはや不要であることを示しています(コストおよび重量を節約)。さらにプラスチックの可用性によって、ブーツ内のアダプター・リングを1つのコンポーネントへ統合することができます。

ドライバーにとって、単なる楽しみの問題としてだけではなく鋭角の回転角度での高いパフォーマンスへの継続的なニーズがあります。Arnitel®のもう1つの大きな利点は、新世代の静かな電気自動車においてますます重要となっているきしみ音のない静かなソリューションを提供できることです。

私たちのソリューションを見る

CVT Transmission Systems: Scoop Snubbers

Automotive | Drivetrain | CV Joints

Stanyl® TW341 PA46 allows for sustainable solutions (up to 1 g/km lower CO₂ emissions) because of lower friction coefficients at elevated temperatures compared to PA66; Stanyl® PA46 allows for reliable solutions (7 times longer life time) due its higher abrasion resistance in comparison with PA66; Stanyl® PA46 allows for cost effective solutions due to faster cycle times in comparison with PA66

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x