DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

産業用機器

産業用機器は多数の機械部品によって作動します。私たちは新しく、よりよいエンジニアリング・プラスチックの開発を続ける一方で、より高品質、安全、持続可能で、コスト効率の高い機械部品の開発においてお客様を支援しています。

産業用機器

よりよい機械部品を作る

産業用機器は多数の機械部品を原動力としています。私たちは新しくよりよいエンジニアリング・プラスチックの開発を続ける一方で、より高品質、安全、持続可能で、コスト効率の高い機械部品の開発においてお客様を支援しています。

Stanyl®などの先進的な熱可塑性プラスチックは、機械部品においてますます幅広く使用されています。それらの部品は金属などの従来の素材でできた部品に比べ、より軽く、強く、フレキシブルで、リサイクルが可能です。これによって技術者はよりよく明るい機器の設計において自由度を得ることができます。

私たちのAkulon®素材グレードは、バルブとポンプからギアや結束バンドまで、幅広い用途で効果的であることが証明されています。極度の温度範囲に曝される産業用パイプとホースには、私たちのArnitel®熱可塑性コポリエステルエラストマーが最適です。私たちはポートフォリオの開発を続けており、その素材はますます生物化学工学に基づいて作られるようになってきています。私たちの最新の素材EcoPaXX®は70%が生物学的に再生可能です。

産業用機器における私たちのアプリケーションを見る

お客様による用途事例

Conveyor Belts

Industrial equipment | Agriculture

Arnitel® TPC allows for reliable solutions due to its retention of flexibility even at temperatures down to -40°C or at elevated temperatures up to 100 ˚C, due to its excellent resistance to oxidizing agents and no emission of nitrogen as TPU and due to its wide direct food contact approvals (FDA/EC compliancy)

Convoluted Tubes

Industrial equipment | Pumps & valves

Akulon® PA6 allows for reliable solutions due to its good mechanical properties (stiffness and toughness); Stanyl® PA46 allows for reliable solutions due to its better temperature resistance in comparison with PA66

当該製品

私たちは、高品質素材の幅広いポートフォリオと深い技術ノウハウを用いて、お客様と緊密に連携しながら、より軽く、強く、耐久性の高い素材を求める声に応えるため、新しいアプリケーションを開発しています。

ここでは私たちのブランドの中でも最も広く認知されているブランドをご紹介します。他に先駆けて、最新鋭の技術を採用することでお客様が市場のリーダーとなることを可能にします。

すべての製品を見る

プラスチック・ファインダーで検索

お客様の製品に最適なプラスチックを見つけてください。すべての製品、用途、仕様などから検索します。

ソリューションの構築に科学的アプローチを採用

金属から置き換えるケースであっても、また、より強力、安全、かつ高効率のソリューションの開発であっても、私たちの専門チームはお客様と緊密に連携し、新しい部品開発とコンポーネント開発のすべてのプロセスを精査します。私たちの体系的なアプローチは、設計や素材の性能から生産、コンプライアンスにいたるまで、プロセスにおけるすべての段階を網羅します。

私たちの専門知識を探索する
  • 難燃性

    様々なエレクトロニクス部品に使用されているエンジニアリング・プラスチックは、厳しい難燃性要件に適合するとともに、より環境にやさしいソリューションである必要があります

  • ダウンサイジングおよび小型化

    私たちの経済が効率に重点を置くにつれて、産業界は、より薄く、軽く、小さいながらも同等またそれ以上の機能性を備えた製品を開発するようになってきました。

  • 強度、剛性、および耐疲労性

    燃費向上に向けて自動車メーカーが引き続き軽量化に重点的に取り組んでいる中、金属部品をプラスチックに置き替えることは依然として重要な課題となっています。

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x