DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

オイルサンプ

オイルサンプは、イノベーション、特に金属の代替に適した自動車用途です。

オイルサンプ

オイルサンプ

オイルサンプは、イノベーション、特に金属の代替に適した自動車用途です。

新型「プジョー・508」のオイルサンプにおけるAkulon® Ultraflow

「プジョー・508」内部のエンジンは、この要求の厳しい自動車用途に必要な機械的特性を提供しながら、以前に比べ60%軽く、より持続可能で安価なオイルサンプを搭載しています。どのようにして? 私たちの高流動性の強化ポリアミド6であるAkulon®で実現しました。

プジョーが新しい射出成形によるオイルサンプに採用したのはAkulon® Ultraflow K-FHG7で、ティア1サプライヤーのSteep Plastiqueが製造しました。


この35%ガラスで強化されたグレードは従来の金属に比べて大幅に軽い(従って燃料効率が向上する)だけでなく、熱安定化され、非常に優れた流動特性を持っています。Akulon®は機械的特性を低下することなく、流動性は最大80%向上、射出成形サイクル時間は40%短縮され、薄肉化が可能で製品設計の柔軟性が高まります。

この点を証明するのは、新しいプジョーのオイルサンプが縁石衝撃、石衝撃、エンジン落下テストを含む一連のハイテク安全テストに合格したことです。

成果:これは、多くを求められるエンジンルームと車体セグメントにおけるAkulon®の様々な商業用途の、最初のひとつだと私たちは考えています。

3.1.02.1. Oil sump_3785

ハイエンドのオイルサンプにおけるAkulon® Ultraflow

オイルサンプは、イノベーション、特に金属の代替の対象にするのに適した自動車用途です。メルセデスおよび私たちのティア1顧客であるBBP Kunststoffwerk Marbach Baierがそれを証明しました。新型「メルセデス・Sクラス」は、私たち独自のAkulon® Ultraflowポリアミド6製の革新的なオイルサンプを搭載しています。このオイルサンプは金属の同等品に比べ50%軽量でありながら、すべての性能基準を満足しています。オイルサンプに対する極度の性能要求を満足することは、私たちがAkulon® Ultraflowで直面した課題でした。ユニークな高流動性、耐油性のガラス繊維強化ポリアミドは、機械的性能を低下することなしに、加工面と性能面でお客様に多大なメリットをもたらします。

Akulon® Ultraflowをテストする

「メルセデス・Sクラス」の場合、私たちの研究チームはドイツのBBPと緊密に協力し、Akulon® Ultraflow製のオイルサンプに対し振動、石衝撃、エンジン落下テストを含む厳しい用途テストを実施しました。

オイルサンプはすべてのテストに耐え、今では生産されています。私たちはさらに多くのメーカーがメリットを確認し、この技術を採用することに自信を持っています。Akulon® Ultraflowの流動の速さはサイクル時間の短縮と反りの低下につながるだけでなく、肉厚を薄くすることができるため、必要な素材が減少することで、技術者の設計の自由度が高まります。

次世代のオイルサンプシステム

この主な自動車用途はまだ始まったばかりです。私たちは今後数年のうちに、トランスミッションシステムからの荷重を伝達する構造的に負荷を受けるベッドプレートと統合したハイブリッドオイルパンを投入する予定です。この全体的なモジュールは、全体が振動溶接技法を用いて結合された熱可塑性プラスチックになると予想しています。

Bright Scienceを実践

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x