DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

フォグランプ・ハウジングおよびAFLシステム

Arnite®XL-Tは、抜群の耐熱性と熱性能に加え、水分管理に優れ、ポリフタラミドを超えるアウトガス特性を持つことを特長としています。

フォグランプ・ハウジングおよびAFLシステム

自動車照明の明るい未来

フォグランプ・ハウジングとアダプティブ・フロント・ライティング(AFL)システムの製造を目指すメーカー向けの新しい熱可塑性プラスチックグレード、Arnite®XL-Tをご紹介します。この新グレードは、型破りでありながら安全性とのバランスを取り、持続可能性とコストの両立を実現します。抜群の耐熱性と熱性能に加え、優れた水分管理、そしてポリフタラミド(PPA)を超えるアウトガス特性を提供することが広範なテストで証明されています。

Arnite®XL-Tは、車両の重量と熱量消費を最小限に抑えることでコストと炭素排出量を軽減しながら、最も過酷な条件で性能を発揮する熱伝導性熱可塑性プラスチックポリエステルの私たち最新のファミリです。

Arnite®XL-Tは、1.65ワット/メートルケルビン(W/(m.K))の面内導電率を有する独自のフィラーを介して高度の熱伝導率を提供します。Bright Scienceを実践。

低いガス放出、優れた寸法安定性、および 機械的特性 を兼ね備えたこの高耐熱性(HHR)が、Arnite®XL-Tを自動車用照明に使用される金属やHHR素材(ポリフェニレン・サルファイドやポリエーテルイミドなど)を代替する優れた製品にしています。

重量、燃料、炭素、およびコストを削減

Arnite®XL-Tは、その抜群の性能に加え、アルミダイキャストなどの従来素材に比べ重量を著しく削減するだけでなく、低水分と優れた熱管理のおかげで、耐用年数も長いというメリットもメーカーに提供します。成果:燃料排出量とカーボンフットプリントの著しい削減。

Arnite®XL-Tは、1.65ワット/メートルケルビン(W/(m.K))の面内導電率を有する独自のフィラーを介して高度の熱伝導率を提供します。Bright Scienceを実践。

低いガス放出、優れた寸法安定性、および 機械的特性 を兼ね備えたこの高耐熱性(HHR)が、Arnite®XL-Tを自動車用照明に使用される金属やHHR素材(ポリフェニレン・サルファイドやポリエーテルイミドなど)を代替する優れた製品にしています。

さらに詳しく見る

お客様の事例

すべての事例を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x