DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

自動車

Arnite®はブレーキシステムからアダプティブ・フロント・ライティング、ワイパーハウジングまで幅広い自動車用途に最適です。

自動車

自動車の明るい未来

Arnite® はブレーキシステムからアダプティブ・フロント・ライティング、ワイパーハウジングまで幅広い自動車用途に最適です。Arnite®AとArnite®Tフォーマット(および混合・強化ガラス繊維グレード)のいずれにおいてもArnite®は最も過酷な条件で能力を発揮します。強力かつ堅固で優れた加工特性と寸法安定性を兼ね備えています。

Arnite®AとArnite®Tフォーマット(および混合・強化ガラス繊維グレード)のいずれにおいてもArnite®は最も過酷な条件で能力を発揮します。強力かつ堅固で優れた加工特性と寸法安定性を兼ね備えています。

現在自動車業界は次のような様々な課題に対応しています。ドライバーと同乗者の安全を改善し続ける必要性、カーボンフットプリント削減推進に向けた燃料効率の改善と有害な排出ガス削減、そして当然ながらシステムコスト削減、サイクル時間改善、エンジニアに対する柔軟性の拡大などによる収益性向上の必要性などが挙げられます。

Arnite®はメーカーが自動車の課題を達成することに貢献します。この材料は成形と加工が非常に容易でありながら、強く堅固で、吸湿性が低く高度の寸法安定性を備えています。しかしその品質はそれらに留まりません。

ブレーキブースターボディバルブ

Arnite®は自動車業界において約20年間にわたってブレーキブースターボディバルブの設計に使用されてきました。乗員の安全に対して信頼性が最も重要となる用途において、この材料は100万を超えるブレーキサイクルで完璧に機能することが証明されています。

また卓越した寸法安定性と強度を持ち、肉厚を薄くすることでより軽量の部品を設計することが可能になります。品質を維持しながら成形後の作業の必要はなくなります。

自動車照明

自動車照明の設計者が直面している最大の課題はアウトガスにほかなりません。照明モジュールを設計する場合、レンズの曇りを防止する最小限の吸湿性、そしてヘッドランプが自由かつ確実に動くことを可能にする優れた寸法安定性を持つ材料が必要になります。また当然ながら材料には耐熱性も求められます。

私たちはArnite®PBTを通して以前からこの重量な問題に取り組んでおり、最近ではアウトガスの少ないAFL/DBLフレーム向けのArnite®PET XLによって私たちのノウハウを他のコンポーネントにも拡大しました。実際に現在、よく知られた上級セグメントの車のアダプティブ・フロント・モジュール(スマートヘッドランプ)に使用されています。


未来

現在Arnite®はワイパーハウジング、エアフロー質量計、EGR/ETCカバー、ミラーハウジング、ベゼルをはじめとするその他の様々な自動車用途に使用されています。

これはまだ始まったばかりです。DSMのチームは自動車市場に注力し、Arnite®を使用してメーカーが車を改善する新しい方法を探し続けていきます。

さらに詳しく見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x