DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

加工

Arnite®は加工が容易で、優れたフロー特性と高度の結晶度を持ち、急速な冷却時間を保証します。

加工

速くて容易な加工

Arnite® は加工が容易で、優れたフロー特性と高度の結晶度を持ち、急速な冷却時間を保証します。

Arnite®は非常に作業がしやすく、射出成形を素早く簡単に行うことができます。Arnite®Tは一般的な加工温度は235°Cから275°Cであり、そのため

Arnite®Aには265°Cから295°Cの加工温度範囲をお勧めしています。高度の結晶度とよりよい表面仕上げを確保するため、金型を加熱することができます(Arnite®Aについては80°Cから135°C、Arnite®Tについては30°Cから100°)。

水分の排除

加工時には水分を排除することが重要です。Arnite®が密閉袋で納入されるのはそのためであり、前もって乾燥することなしにすぐに使用が可能で、貴重な時間とコストを節約します。

下流によって吸収された少量の水分であっても成形の弱化をまねく可能性があるため、袋がいったん開封された場合には、事前に大気に曝された可能性のある顆粒は予め乾燥することが非常に重要です。

加工ガイドライン

加工ガイドラインはプラスチックファインダーにてご覧いただけます。

特性

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x