DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

寸法安定性

Arnite® は他のポリアミドに比べ優れた寸法安定性を発揮し、寸法公差および長期的な物理的・電気的特性の保持が重要となる用途での使用に完璧です。

寸法安定性

新たな次元を追加

Arnite®は他のポリアミドに比べ優れた寸法安定性を発揮し、寸法公差および長期的な物理的・電気的特性の保持が重要となる用途での使用に完璧です。

低吸湿性

Arnite®は吸湿量が低く、ポリアミドよりも寸法的な安定性が得られます。Arnite®の各グレードは、寸法公差および長期的な物理的・電気的特性の保持が重要となる用途により適しています。

ポリエステルは吸水性が非常に低く、多湿条件下で剛性を保持することができます。さらに、多湿環境において電気特性を維持します。

Arnite®T化合物の周囲条件における数千時間の期間にわたる吸水率は0.5%未満です。

Arnite®A GF35は低吸湿性(PPA、PA66よりもはるかに低い)によって優れた寸法安定性を発揮します。

低熱膨張性

またArnite®Aは線熱膨張率(CLTE)が低いため(PA66よりもはるかに低い)、優れた寸法安定性を発揮します。またCLTEは幅広い温度範囲にわたって一貫しています。

50%ガラス充填したArnite®AではCLTEが最低となります。

プラスチックファインダーで検索

お客様の製品に最適なプラスチックを見つけてください。すべての製品、用途、仕様などから検索します。

成形収縮

すべての熱可塑性プラスチック材料は溶融温度から冷却されるのに伴ってある程度収縮します。Arnite®などの結晶性材料は非晶質材料に比べはるかに収縮しやすい傾向があります。フィラーの追加と結晶材料の強化は成形収縮に対する劇的な効果を持っています。たとえば、ガラス繊維の追加は総収縮量を減少する一方、異方収縮にもつながります。Arnite®はすべての結晶性材料と同様に、幾分異方性のある成形収縮を発生します。型割りの際に考慮しない場合、これによって部品の反りが発生します。

収縮と反りの量には製品、加工、材料に依存する要因が影響します。加工に依存する要因には肉厚、フローパス長さ、ゲーティングシステムが含まれます。

肉厚の増加は収縮の相当な急増を招く一方、狭いゲートと大きなフローパスもまた収縮を増大させます。ゲートの位置も重要です。収縮の抑制に最も効果的であるのは、最も厚みのある部分に材料を射出することです。

したがって、肉厚と金型温度が収縮量に影響します。

2mmの肉厚に関するおおよその収縮率(%)

グレード 収縮率*[%] 金型温度 
  平行 垂直 [°C]
Arnite®AV2 372 0.15~0.25 1.1~1.4 130
Arnite®AV2 390 0.10~0.20 1.1~1.4 130
Arnite®AV2 360 S 0.10~0.20 1.4~1.6 130

*フロー方向に対しそれぞれ平行および垂直

その他の加工に依存する要因には、ゲート寸法、溶融温度と金型温度、保持圧力、保持時間、射出率が含まれます。特に金型温度はArnite®の結晶性グレードの収縮に大きく影響します。収縮は金型温度の低下に伴い減少します。

材料の取り扱い

最良の結果を得るには、成形のための最大許容水分率をArnite®Tで水分率0.03%、Arnite®Aで0.02%とする必要があります。これらの水分レベルでは加工時に特性が著しく低下することはありません。

製品情報

Bezels and AFL Frames

Automotive | Exterior | Automotive Lighting

Arnite® XL allows for 40-50% lighter weight solutions versus metal; Arnite® XL allows for reliable solutions due to its very low outgassing behaviour ensuring good long term road visibility, its high dimensional stability (as compared to PA) resulting in less beam vibration (enabling switch to LED/Xenon and AFL/DBL); Arnite® XL allows for cost effective solutions as compared with PPS and PPA

その他の特性

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x