DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

クランク軸カバー

KACOとDSMは、次世代のクランク軸カバーの開発で協力しています。頑強で軽量な植物由来の部品で燃料と炭素排出量の削減に役立ちます。

クランク軸カバー

フォルクスワーゲンがクランク軸カバー向けにEcoPaXX®を選択

KACOとDSMは、次世代のクランク軸カバーの開発で協力しています。EcoPaXX®ポリアミド410で作られた頑強で軽量な植物由来の部品で燃料と炭素排出量の削減に役立ちます。この新しいクランク軸カバーはフォルクスワーゲンがアウディ、セアト、シュコダ、VWのブランドで展開するディーゼルエンジン車向けの新しいMDB モジュール・プラットフォームに使用されます。システムコストはアルミニウム製のカバーをはるかに下回り、重量も同様に低下します。実際にEcoPaXX®グレードは45%軽く、熱量消費と炭素排出量が低下します。

しかしこの新部品を開発しているティア1サプライヤーのKACOは、軽量化だけのためにEcoPaXX®を選んだのではありません。この材料は優れた頑強性を持ち、高温での機械的特性が非常に優れています。しかも70%が植物由来です。EcoPaXX®は主に熱帯のトウゴマの実から作られており、原材料入手から製品出荷まで100%カーボン・ニュートラルです。

アンダーカバー

クランク軸カバーは、材料、設計、用途の知識を結束することで単なる部品の寄せ集めではない何かを創り出せる方法を示す完璧な例です。

KACOは生産において高度に省エネルギーの生産セルを使用しています。その目的はクランク軸カバーを成形するだけでなく、2個の個別のシールを統合することにあります。ロボットが最初のシールを成形金型に入れ、その後その上にEcoPaXX®がオーバーモールドされます。2個目のシールはその後、2Kプロセスを用いて部品に直にモールドされます。

結果:生産時に使用されるエネルギーをさらに削減し、材料の無駄をゼロにします。

 

その他の事例

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x