DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

エンジンカバー

メルセデスは耐熱性、低い反り、高い寸法安定性、そして美しさからEcoPaXX®Q-HGM24を選択しました。

エンジンカバー

エンジンカバー

真の独創性と持続可能性を有し、外観も良い素材を新型メルセデスベンツAクラスのエンジンカバーに探した時、自動車業界の巨人は従来の化学物質に基づく素材よりも、そのちょうど40%の炭素しか出さない素材を選択しました。EcoPaXX®は主にトウゴマの実から作られた超軽量の植物由来のポリアミド410で、完璧なフォームと機能が合体したものです。

メルセデスは耐熱性、低い反り、高い寸法安定性、そして美しさからEcoPaXX®Q-HGM24を選択しました。最も重要なことは、新しいAクラスのターボパワーのガソリンエンジンのエンジンカバーには、200°Cまでの温度でのパフォーマンスが必要とされることです。EcoPaXX®は200°Cで1.8MPaの荷重たわみ温度(DTUL)下でこの課題をクリアしました。

一方、素材の軽量化が、エンジンの振動による高い負荷への抵抗性を持つエンジンカバーの設計を可能にしました。事実、美しいカバーはわずか1.320kgであり、短期間の最高温度連続使用温度200°Cにも耐えられます。これによってメルセデスベンツは、前のモデルに比べて26%の熱量消費向上を達成できます。

しかしEcoPaXX®をベースとする美しいカバーは性能を発揮するだけではありません。エンジン室内で最も目立つ部品であるため当然不可欠ながら、優れた外観を備えています。

使い続けられる材料

EcoPaXX®は70%がフードチェーンで競合しないトウゴマの実から作られ、原材料入手から製品出荷まで100%カーボン・ニュートラルの認定を受けています。つまり、EcoPaXX®が放出する二酸化炭素の量が植物の成長で吸収される二酸化炭素の量で相殺されます。

実際 メルセデスベンツは、AクラスのLife Cycle Environmental Certificate(ライフサイクル環境証明書)において、植物由来のポリアミドのエンジンカバーの生産時の二酸化炭素排出量は、従来のポリアミドから同じ部品を製造する場合の約40%に過ぎないと述べています。レポートにはこうあります。 「この技術は気候保護に大きく貢献します。」

このエンジンカバーはBBP Kunststoffwerk Marbach Baier GmbHが供給しました。

その他の事例

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x