DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

燃料蒸気分離器

大手システムサプライヤーのDytech-Dynamic Fluid Technologies(DDFT)は次世代の燃料蒸気分離器向けにハロゲンフリー、難燃性のEcoPaXX®ポリアミド410を選択しました。

燃料蒸気分離器

EcoPaXX®で高性能を達成

大手システムサプライヤーのDytech-Dynamic Fluid Technologies(DDFT)はマセラティとフェラーリという2つの非常に特別な顧客向けの 特殊材料を必要としていました。次世代の燃料蒸気分離器向けに私たちのハロゲンフリー、難燃性のEcoPaXX®ポリアミド410が選ばれたのはそのためです。

燃料蒸気分離器は、液体燃料が車両の燃料蒸気キャニスターを汚染して大気に達するのを防止するという重要な役割を果たします。したがって、ガソリンと熱に対する高度な耐性だけでなく、優れた衝撃・疲労性能を提供する必要があります。

Dytechは、傑出したスコアを出した燃料蒸発量測定遮蔽装置(Sealed Housing for Evaporative Determination、SHED)テストをはじめとする徹底的なテストを行った後、この重要な用途向けにEcoPaXX®を選びました。またこの材料は175°Cの最大連続使用温度、0.7mmでUL 94 V-0の難燃性等級を有しています。

EcoPaXX®:「グリーンな」ゴールドスタンダード

その高い性能だけでは、EcoPaXX®の半分しか語っていません。環境に配慮した車両に対する消費者(および法的要求)を満足するよう業界に対する圧力が高まる中、この植物由来の材料はサステイナブルなプラスチックのゴールドスタンダードとなっています。

EcoPaXX®は主にフードチェーンで競合しないトウゴマの実から作られ、原材料入手から製品出荷まで100%カーボン・ニュートラルの認定を受けており、従来の材料に比べはるかにサステイナブルです。

マセラティとフェラーリにとってこれらすべてが大成功につながります。

その他の事例

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x