DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

自動車

EcoPaXX®は幅広い自動車用途に適しています。耐薬品性と耐熱性に加え、強度と剛性の組み合わせにより、要求の厳しいボンネット内部品や安全用途に最適です。

自動車

モータリングのためのよりグリーンな選択肢

EcoPaXX®は幅広い自動車用途に適しています。耐薬品性と耐熱性に加え、強度と剛性の組み合わせにより、要求の厳しいボンネット内部品や安全用途に最適です。

自動車業界は、熱量消費、摩擦、そして最終的な炭素排出量の削減から石油の完全な代替(電気自動車などによって)まで、よりグリーンなアプローチに向けて絶え間なく努力しています。

DSMの材料はそれらの目標をすべて実現することを支援するものですが、EcoPaXX®によって、真にサステイナブルな植物由来の材料の形でグリーンなモータリングを新しい次元に引き上げます。それだけでなく、EcoPaXX®はその特性の素晴らしいブレンドによって、金属だけでなくPA6、PA66、PPAs、PA12、PA612などの他のプラスチックと競合(場合によっては上回る)ことを可能にします。

用途

EcoPaXX®は(最大230°Cまでの高温耐熱性によって)ターボエンジン用のエンジンカバーなどのボンネット内用途に主に使用されています。

寸法安定性のあるクランク軸カバー、燃料パイプコネクター、ラジエーターエンドキャップ、サーモスタットハウジング、冷却チューブなどの冷却システム用途、ならびに剛性、頑強性、耐熱性の組み合わせによって自動車のEコネクターに最適です。

さらにEcoPaXX®はディーゼル排気液(AdBlue)システム用にも使用されています。

お客様の事例

自動車分野におけるDSM

DSMはこれまで25年以上にわたって自動車業界と協力し、より優れ、スマートで、安全で、軽く、よりエコフレンドリーな部品を設計してきました。

しかし真に運転経験を変革するプラスチックの力という点では、最も刺激的な場面はこれからだと考えています。フロントガラスがバックミラーよりもはるかに大きいのはそれなりの理由があるからです。

私たちの自動車ソリューションは、人々、地球、そして利益面での役に立つという非常にシンプルな3つの原則に基づいています。具体的にはカーボンフットプリントができる限り少なく、競争力の高いシステムコストを持つ安全、快適、そして魅力的な車を指しています。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x