DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

加工

EcoPaXX®は標準的な射出成形および押出成形機で加工することができます。結晶化は本質的に速く、射出成形サイクル時間の短縮に役立ちます。

加工

速くて容易な加工

EcoPaXX®は取り扱いが非常に容易で、標準的な射出成形および押出成形機で加工することができます。EcoPaXX®のグレードの結晶化は本質的に速く、射出成形サイクル時間の短縮に役立ちます。また、溶解における熱安定性が比較的高く、優れた流動特性によって加工ウィンドウが拡大されます。

非充填のEcoPaXX®グレードの一般的な加工温度は270~300°C、強化グレードは280~310°Cとなっています。押出成形については、260~280°Cの温度設定をお勧めしています(多くの場合、逆転した温度プロファイルが望ましいと考えられています)。

EcoPaXX®は幅広い金型温度(60~100°C/140~212°F)で使用することができます。肉厚のある部品には低い成形温度、良好な寸法安定性、流動特性、表面の美しさのためには高い成形温度をお勧めしています。

加工ガイドラインはプラスチックファインダーにてご覧いただけます。

プラスチックファインダーで検索

お客様の製品に最適なプラスチックを見つけてください。すべての製品、用途、仕様などから検索します。

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x