DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

ボンネット内

ボンネット内(Under The Hood、UTH)用途向けの素材は最も厳しいテストに耐えなくてはなりません。ForTii®はまさにそのような素材であり、エンジン内の油やその他の過激な流体に対する高温耐熱性、そして優れた機械的強度を提供します。

ボンネット内

ますますホットに:ボンネット内用途

ボンネット内(Under The Hood、UTH)用途向けの素材は最も厳しいテストに耐えなくてはなりません。ForTii®はまさにそのような素材であり、クーラントやトランスミッション・オイルなど、エンジン内の油やその他の過激な流体に対する高温耐熱性、そして優れた機械的強度を提供します。

UTH用途向けのForTii®は、タイミング・チェーン・カバー、低温そして特に高温に対応する給気冷却装置のエンドキャップ(CAC)など、最も厳しい条件に対応して開発された様々な熱安定化グレードでご用意しています。

 

高温および低温CACエンド・キャップ

ForTii®は高温および低温両方の給気冷却装置(CAC)のエンド・キャップ、特に給気温度が現在では180~230°Cに達している高温側のアルミニウムの代替として使用することができます。

この熱可塑性プラスチックは高い内部圧力、振動疲労、および衝撃に対応することができます。アルミニウム製の内部冷却装置への対策として最高のシーリングの完全性およびクラス最高の剛性とクリープ性を提供し、薄肉化を可能にするとともに重量と材料コスト、そして当然ながら二酸化炭素排出量を削減します。

また給気の圧力振動に耐えることを可能にするForTii®の優れた耐疲労性によって、PPSやPPAに比べ、インタークーラーへのクリンピング時の損傷のリスクを低減することにも貢献します。

 

プラスチック・ファインダーで検索

お客様の製品に最適なプラスチックを見つけてください。すべての製品、用途、仕様などから検索します。

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x