DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

イグニッション・コイル・コネクター

大手サプライヤーのデルファイ・オートモーティブ・システムズは、新しいイグニッション・コネクター用に革新的な素材、Stanyl®ポリアミド46を採用しました。

イグニッション・コイル・コネクター

よりよいイグニッション・コイル・コネクターのためのStanyl®

大手サプライヤーのデルファイ・オートモーティブ・システムズは、新しいイグニッション・コネクター用の革新的な素材を探し求め、Stanyl®ポリアミド46を採用しました。このユニークな熱可塑性プラスチックは、従来の素材を上回る性能を備え、ポリアミド66に置き換えることができ、素晴らしい(燃費向上とコスト削減)だけでなく、持続可能性の面でも著しいメリットをもたらします。

デルファイがStanyl® TW200F6を採用したのは、4気筒および6気筒エンジン用にOEMが指定しているイグニッション・コイルにはんだ付けされるイグニッション・コネクターのためです。その理由は? Stanyl®TW200F6は、ポリアミド66に比べ溶融流動性と機械的特性に優れ、センサー・エレメントとインサート周辺における素材の流動を可能にし、シーリングと封止を向上することで、表面品質を強化し製品寿命を延ばします。

この優れた溶融流動性は、射出成形サイクル時間を短縮し金型の磨耗を低減することで、センサー・エレメントとワイヤの損傷の可能性を低減します。

そのうえ、Stanyl®TW200F6の部品はトランスミッション・フルードとエンジンオイルに対し優れた耐性を発揮し、流体圧力に対応する剛性を高めます。 

Stanyl®:持続可能なソリューション

Stanyl®は、より高い結晶度と素早い結晶化速度により、ポリアミド66だけでなくポリアミド6や様々なポリエステル、さらにPPA、PPS、LCPも上回る技術的優位性を備えています。

Stanyl®は、利益性の向上に加え、その背後にあるBright Scienceで地球も守ります。同素材はその軽さによって、重量、燃料、二酸化炭素排出量を削減します。またStanyl®は比較的低い圧力で成形が可能であるため、成形プロセスにおいてメーカーがさらなるエネルギー削減を達成することに貢献します。

この優れた溶融流動性は、射出成形サイクル時間を短縮し金型の磨耗を低減することで、センサー・エレメントとワイヤの損傷の可能性を低減します。

そのうえ、Stanyl®TW200F6の部品はトランスミッション・フルードとエンジンオイルに対し優れた耐性を発揮し、流体圧力に対応する剛性を高めます。 

その他の事例

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x